コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝腹類 こうふくるいSolenogastres

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溝腹類
こうふくるい
Solenogastres

軟体動物門のうちの原始的な形態の一群で,サンゴウミヒモ類がこれに属する。無板綱 Aplacophoraの別名にされることもあるが,無板綱を二分して溝腹綱と尾腔綱とする説もある。体は細長い円柱状で,体長は通常 10cmぐらい。体表は外套でおおわれ,その上に厚いクチクラ層があり,その中に多数の骨片が埋っている。腹側は正中線に細い溝 (足が退化したものと考えられる) があり,これによって溝腹類といわれる。前端に口,歯舌があり,後端に肛門がある。生殖腺は1対で,雌雄同体。浅海より深海のヤギ類 (刺胞動物) に巻きついてすみ,それを食べる。カセミミズは体長 30cmに及び,溝腹類中の最大種である。 (→尾腔類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の溝腹類の言及

【軟体動物】より

…背側の体表はクチクラ層で包まれ,それに石灰質の小棘(しようきよく)や小鱗がある。腹側には前方から後方へ細い溝があるのでこの類を溝腹類Solenogastresともいう。しかしこれを欠く種類もある。…

※「溝腹類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

溝腹類の関連キーワードカセミミズ(枷蚯蚓)軟体動物貝類

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android