コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶血素 ヨウケツソ

デジタル大辞泉の解説

ようけつ‐そ【溶血素】

赤血球の膜を壊し、溶血を起こさせる物質。補体と結合した作用を示す抗体溶血性連鎖球菌・ぶどう球菌の生成する毒素や蜂毒・蛇毒など。溶血毒。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

溶血素

 通常生物が作る溶血を誘導する物質をいうが,補体結合抗体をいう場合もある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようけつそ【溶血素】

赤血球を破壊しヘモグロビンを出させる物質(抗体)。通常、補体の協力を必要とする。
細菌毒素や、蛇毒・蜂毒などの動物性毒素。溶血毒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

溶血素の関連キーワードヘモグロビンリウマチ熱細菌毒素コレラ赤血球ヘビ唾液

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android