コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑降競技 カッコウキョウギ

4件 の用語解説(滑降競技の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かっこう‐きょうぎ〔クワツカウキヤウギ〕【滑降競技】

スキーのアルペン種目の一。標高差、男子800~1000メートル、女子500~700メートルのコースを高速で滑降し、所要時間を競う競技。ダウンヒル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

滑降競技【かっこうきょうぎ】

スキー競技のアルペン競技種目の一つ。ダウンヒルdownhill。標高差,男子800〜1000m,女子500〜700m,距離3〜4kmくらいの一定のコースを滑り降り,タイムを競う。
→関連項目大回転競技

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かっこうきょうぎ【滑降競技】

スキーのアルペン競技の一。急斜面に設けられたコースを高速度で滑り降り、その速さを競うもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の滑降競技の言及

【スキー】より


[アルペン種目]
 滑降,回転,大回転からなり,いずれも所要時間のみを競う。(1)滑降競技downhill 高速でのスキー技術,優れた敏しょう性,集中力の持続性,勇気などをテストするレースといわれ,瞬間時速は100kmを超える。高速で危険なため公式練習が義務づけられ,競技と同じ時間,同じ条件で行われる。…

※「滑降競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滑降競技の関連情報