コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代演劇協会 げんだいえんげききょうかい

2件 の用語解説(現代演劇協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現代演劇協会
げんだいえんげききょうかい

演劇団体名。 1963年5月文学座を脱退した福田恆存芥川比呂志を中心に財団法人として発足,福田が初代理事長に就任し,傘下に同年3月『夏の夜の夢』で旗揚げした劇団雲を収めた。 66年,新劇のすそ野を広げる市民劇場を目指して劇団欅を発足させ,同年3月福田作・演出の『億万長者夫人』で旗揚げ,73年4月には東京本駒込に三百人劇場を建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現代演劇協会
げんだいえんげききょうかい

芸術団体名。家族主義的、温室的な文学座のあり方に不満をもった芥川比呂志(あくたがわひろし)、小池朝雄(あさお)、高橋昌也(まさや)、岸田今日子(きょうこ)ら中堅俳優約30名が福田恆存(つねあり)を中心にして、1963年(昭和38)1月に文学座を脱退して結成。協会の傘下劇団として「雲」を創設し、3月にシェークスピア作『夏の夜の夢』で旗揚げした。66年12月には鳳八千代(おおとりやちよ)らを迎えて兄弟劇団「欅(けやき)」をつくり、幅広い演劇活動を目ざした。しかし福田と芥川の対立が表面化して、「雲」に所属していた高橋、岸田ら49名が芥川を代表に演劇集団「円(えん)」を75年8月に結成、翌年別役実(べつやくみのる)作『壊れた風景』で旗揚げした。81年の芥川の死後は中村伸郎(のぶお)を代表に公演活動を続け、91年(平成3)の中村の死後は仲谷昇(なかやのぼる)が代表になった。現在の代表は橋爪功(はしづめいさお)。一方、協会側は「雲」と「欅」を解散して「昴(すばる)」を結成、76年(昭和51)1月のカミュ作『カリギュラ』で新出発した。79年のラティガン作『海は深く青く』でわが国の現代演劇として最初の訪韓公演をもって以来、積極的に国際交流を図っている。なお、74年2月には協会の拠点「三百人劇場」を東京都文京区本駒込(ほんこまごめ)に完成させた。また、初代の理事長であった福田恆存は88年に会長になり、同時に次男の福田逸(はやる)が理事長に就任した。なお、福田恆存は94年(平成6)に死去した。[大笹吉雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代演劇協会の関連キーワード座を組む脱退文学座アトリエ鵜山仁倉橋健鈴木力衛伊達信丹阿弥谷津子仲谷昇名古屋章

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現代演劇協会の関連情報