コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漸悟 ゼンゴ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ご【漸悟】

仏語。だんだんに悟ること。順序を追って悟ること。⇔頓悟(とんご)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんご【漸悟 jiàn wù】

中国仏教の用語。段階的に悟りに至る意。一挙に悟る頓悟に対して,主としてその修行方法を指していうもの。インド仏教では,現実の苦より出て,悟りの理想に達するには,無限の時間が必要であり,何度も生死をくりかえすうちに修行の功をかさねて,ようやくそこに近づくことができると考えたが,中国では,現世をその最後の段階とみて,頓悟への道を予想するに至り,漸悟すら頓悟あってのこととなる。【柳田 聖山】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんご【漸悟】

( 名 ) スル
〘仏〙 修行を積んで、だんだんと悟りに至ること。禅宗では中国の北宗禅の宗風をいう。 ↔ 頓悟とんご

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone