コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漸悟 ゼンゴ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ご【漸悟】

仏語。だんだんに悟ること。順序を追って悟ること。⇔頓悟(とんご)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんご【漸悟 jiàn wù】

中国仏教の用語。段階的に悟りに至る意。一挙に悟る頓悟に対して,主としてその修行方法を指していうもの。インド仏教では,現実の苦より出て,悟りの理想に達するには,無限の時間が必要であり,何度も生死をくりかえすうちに修行の功をかさねて,ようやくそこに近づくことができると考えたが,中国では,現世をその最後の段階とみて,頓悟への道を予想するに至り,漸悟すら頓悟あってのこととなる。【柳田 聖山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんご【漸悟】

( 名 ) スル
〘仏〙 修行を積んで、だんだんと悟りに至ること。禅宗では中国の北宗禅の宗風をいう。 ↔ 頓悟とんご

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漸悟
ぜんご

頓悟・漸悟」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漸悟の関連キーワード荷沢神会南頓北漸臨済宗仏語宗風宗論頓漸北宗慧能神秀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android