漸悟(読み)ぜんご

精選版 日本国語大辞典「漸悟」の解説

ぜん‐ご【漸悟】

〘名〙 順を追って悟りを開くこと。だんだんにさとること。雁木悟(がんぎざとり)
※法相二巻抄(1242か)下「或衆生は三乗の種子みなながらあり、は先ず声聞にも独覚にも成て後に成仏す。是を漸悟の菩薩と名付」 〔謝霊運‐弁崇論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「漸悟」の解説

ぜんご【漸悟 jiàn wù】

中国仏教の用語。段階的に悟りに至る意。一挙に悟る頓悟に対して,主としてその修行方法を指していうもの。インド仏教では,現実の苦より出て,悟りの理想に達するには,無限の時間が必要であり,何度も生死をくりかえすうちに修行の功をかさねて,ようやくそこに近づくことができると考えたが,中国では,現世をその最後の段階とみて,頓悟への道を予想するに至り,漸悟すら頓悟あってのこととなる。【柳田 聖山】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android