コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜水漁業 センスイギョギョウ

デジタル大辞泉の解説

せんすい‐ぎょぎょう〔‐ギヨゲフ〕【潜水漁業】

潜水して魚介類を捕る漁業。素もぐり、または潜水具を使用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんすいぎょぎょう【潜水漁業】

海中に潜って操業する漁業の意で,日本にはアマあるいはカヅキとよばれる伝統的な漁民がいる。アマには,男である海士と女である海女がいるが,かつては男女とも腰巻やふんどしなど,わずかな布を身につけただけの裸同様の姿で海に潜り,テングサ,ワカメ,コンブなどの海藻や,アワビサザエ,ウニなどの貝類などを,イソガネやカマなどの爬具を用いて採った。男アマである海士は,このほか,〈もり〉や〈やす〉などを使った魚の潜り突きを行うことも多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

潜水漁業の関連キーワード千葉県夷隅郡御宿町千葉県南房総市南房総国定公園白浜(千葉県)長崎県島原市千葉県勝浦市白浜[町]姫島(村)有明〈町〉千倉[町]御宿[町]南房総市佐賀潜り三重県油谷湾長尾鼻舳倉島白浜青谷五和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潜水漁業の関連情報