コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜水漁業 センスイギョギョウ

2件 の用語解説(潜水漁業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんすい‐ぎょぎょう〔‐ギヨゲフ〕【潜水漁業】

潜水して魚介類を捕る漁業。素もぐり、または潜水具を使用する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんすいぎょぎょう【潜水漁業】

海中に潜って操業する漁業の意で,日本にはアマあるいはカヅキとよばれる伝統的な漁民がいる。アマには,男である海士と女である海女がいるが,かつては男女とも腰巻やふんどしなど,わずかな布を身につけただけの裸同様の姿で海に潜り,テングサワカメコンブなどの海藻や,アワビサザエ,ウニなどの貝類などを,イソガネやカマなどの爬具を用いて採った。男アマである海士は,このほか,〈もり〉や〈やす〉などを使った魚の潜り突きを行うことも多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

潜水漁業の関連情報