コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸井広明 せとい ひろあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬戸井広明 せとい-ひろあき

?-1221 鎌倉時代の武将。
佐貫(さぬき)広綱の子。上野(こうずけ)(群馬県)邑楽郡(おうらぐん)瀬戸井を本拠地とし,瀬戸井氏の祖となる。承久(じょうきゅう)の乱の際,北条泰時(やすとき)のひきいる幕府軍にくわわって京都に攻めのぼり,朝廷軍をやぶった宇治川の戦いで承久3年6月14日戦死した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android