コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火葬墓 かそうぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火葬墓
かそうぼ

死者を火葬し,遺骨を容器に収納して埋葬した墳墓。火葬は,ヨーロッパでは新石器時代末に始まり,青銅器時代鉄器時代に広く行なわれた。ギリシア・ローマ時代には火葬,土葬とも行なわれたが,しだいに火葬は行なわれなくなった。火葬の中心はインドで,インダス文明にその証拠がある。仏教徒(→仏教)は特に火葬を行ない,遺灰を容器に入れて安置した。中国では 5世紀初めから火葬の記録があり,代には蔵骨器が多数出現する。日本における火葬は,文献では文武4(700)年の僧道昭が最初とされる。考古学資料としては大阪府における火葬古墳(窯槨)の例があり,7世紀初頭から行なわれていたと考えられる。これは新来の渡来人陶部の工人集団によるものとされ,荼毘に付したのち骨上げする仏教の法式とは異なるものである。8世紀に入ると,僧はもちろん,貴族,地方豪族も火葬されるようになり,天皇も遺詔により火葬を行なうようになった。火葬の採用は死生観を転換させ,以後しだいに古墳の造営が衰えていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の火葬墓の言及

【墳墓】より

…朝鮮では百済の武寧王陵の墓誌が有名である。日本では奈良時代から平安時代初めにかけて,おもに火葬墓に伴っている。墓室を地下に設け,地上には祠堂を建てるもの(殷の婦好墓)もある。…

※「火葬墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火葬墓の関連キーワードウルネンフェルト文化太安万侶墓誌文祢麻呂墓誌武井廃寺塔跡香芝(市)中尾山古墳歳勝土遺跡陶邑窯址群城久遺跡群藤原道長行基墓火葬塚石室

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火葬墓の関連情報