コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道昭 どうしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道昭
どうしょう

[生]舒明1(629)
[没]文武4(700)
飛鳥時代の法相宗の僧。俗姓は船連。出家して元興寺に住し,戒行を修した。白雉4 (653) 年入唐。玄奘に師事し,その高弟である窺基と親交を結んだ。また玄奘の紹介で隆化寺の恵満に参禅し,経論若干をたずさえて帰朝。天智1 (661) 年元興寺の境内に禅院を創立し経巻を安置,法相宗を広めた。日本における法相宗の初伝で,この法系を南寺伝と呼ぶ。晩年は諸国を遊行して渡船,架橋その他社会事業に尽した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

道昭【どうしょう】

道照とも。飛鳥時代の僧。法相(ほっそう)宗の開祖。俗姓船連(ふねのむらじ)。河内(かわち)の人。653年遣唐使(けんとうし)に従い入唐(にっとう)し,玄奘(げんじょう)に法相教義を学んだ。
→関連項目倶舎宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

道昭

没年:文武4.3.10(700.4.3)
生年:舒明1(629)
7世紀の代表的な僧。道照とも記す。『続日本紀』の死亡記事の伝が根本の史料。他に『日本霊異記』上巻第22話,『日本三代実録』元慶1(877)年12月16日条所引の「道照法師本願記」逸文もある。河内国(大阪府)丹比郡 の出身で,俗姓は船連氏。船氏は百済系の帰化人。父は恵尺。白雉4(653)年に遣唐使の船に乗って学問僧として入唐。長安の玄奘の弟子となった。このことは中国側の史料からも確認でき,『宋史日本伝』『仏祖統紀』にみえる。玄奘からは経・律・論(経典・戒律・仏教学)のいわゆる三蔵を広く学び,また禅を学習して日本に伝えた。帰国に際し,玄奘は彼に仏舎利(釈迦の遺骨)と多数の経論を授けた。斉明7(661)年,遣唐使の帰国船にて帰国。飛鳥の法興寺(飛鳥寺,のちの元興寺)の東南の隅に禅院を建てて住み,禅を広め,諸々の経典を説いた。その教学は,玄奘の高弟である窺基と同質の法相宗であるとする見方もあるが,摂論宗(無著の『摂大乗論』を根本典籍とする中国の一宗派)をはじめとしてさまざまな教学を伝えたとする見方が有力。その一方,各地を周遊して路傍に井戸を掘り,津済(渡)に船を設置したり,橋を造ったりしたという。ただし,宇治橋造立を彼によるとする『続日本紀』の記述は疑問。道登によるか。死亡後は遺命により火葬。わが国の火葬の始まりという。彼以前の火葬の有無については議論があるが,中央の有力者としては初例としてよい。骨を神聖視する信仰も伝えたらしく,彼の遺骨が奇瑞を示したというエピソードも残した。

(吉田一彦)

道昭

没年:文和4/正平10.12.22(1356.1.24)
生年:弘安4(1281)
南北朝期の僧で,天皇の護持僧として知られる。一条家経の子と伝わる。行昭に学び,建武3(1336)年寺門派で初めて准三宮に任じられ,翌年北朝の 光明天皇の護持僧となる。皇室のためしばしば密教の修法を行う。のち園城寺長吏を勤めた。また熊野三山,新熊野の検校にもなる。著書に『胎密契愚鈔三昧流』2巻などがある。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうしょう【道昭】

629‐700(舒明1‐文武4)
法相宗の学僧で,道照とも書く。河内国丹比郡の生れ。俗姓は船連(ふなのむらじ)。653年(白雉4)入唐(につとう)学問僧として遣唐使にしたがい唐にわたる。玄奘(げんじよう)を師として業をうけた。玄奘からとくに愛され,同房に住み,禅を習い,悟るところが多かった。661年(斉明7)帰朝にあたり,玄奘所持の舎利・経論を授けられている。翌年,飛鳥の法興寺の南東隅に禅院を建て,天下の僧徒に禅を教えた。のち,各地を周遊して,路傍に井をうがち,津のわたりに船をもうけ,橋を造った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうしょう【道昭】

629~700) 飛鳥時代の法相宗の僧。河内の人。653年入唐し、玄奘に師事。660年帰国し、初めて法相宗を広め、また社会事業を行なった。死後、火葬にされた(日本における火葬の始まりという)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道昭
どうしょう
(629―700)

飛鳥時代に入唐(にっとう)して法相(ほっそう)宗を伝えた僧。道照とも記す。俗姓は船氏。河内(かわち)国(大阪府)丹比(たじひ)郡の人。出家して元興寺(がんごうじ)に住し、653年(白雉4)五月に入唐して長安に至り、大慈恩(だいじおん)寺の玄奘(げんじょう)に師事して唯識(ゆいしき)を学ぶ。また相州隆化(りゅうけ)寺の慧満(えまん)より禅を習学した。在唐8年にして660年(斉明天皇6)に帰国し、玄奘訳の経論や禅籍を将来し、元興寺境内に禅院を建立して、それらを安置した。法相唯識学を宣揚するとともに、禅観を修した。法相宗の初伝とされる。また十余年にわたり社会福祉事業を積極的に行い、698年(文武天皇2)11月には大僧都(だいそうず)に任命された。わが国における大僧都補任(ぶにん)の初例である。文武(もんむ)天皇4年3月10日禅院において入寂。遺命により火葬に付され、日本における火葬の初めとされる。弟子に行基(ぎょうき)らがある。[伊藤隆寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の道昭の言及

【役行者】より

…7世紀末に大和国の葛城(木)山を中心に活動した呪術者。生没年不詳。役小角(えんのおづぬ),役君(えのきみ)などとも呼ばれ,後に修験道の開祖として尊崇される。《続日本紀》によると,699年(文武3)朝廷は役君小角を伊豆国に流した。葛城山に住む小角は,鬼神を使役して水をくませ,薪を集めさせるなどし,その命令に従わなければ呪術によって縛るという神通力の持主として知られていたが,弟子の韓国連広足(からくにのむらじひろたり)が師の能力をねたみ,小角が妖術を使って世人を惑わしていると朝廷に讒訴(ざんそ)したために,流罪が行われたという。…

【火葬】より

…一般に死者の葬法には土葬水葬,火葬,風葬の4種があり,アーリヤ族古来の習俗であった火葬が仏教とともに日本に伝わり,もともと死体遺棄あるいは風葬や土葬であった日本の葬法に大きな変化をもたらした。主として僧侶により採用された葬法であり,記録では《続日本紀》文武4年(700)条にある元興寺の僧道昭の火葬を初めとするが,6,7世紀の火葬墓が発見されたり,《万葉集》に火葬を詠んだ挽歌がみられることなどから,僧侶だけに限られず,またその起源もさらにさかのぼるようである。702年(大宝2)持統天皇が飛鳥岡に火葬され,天皇火葬の初例となった。…

【俱舎宗】より

…インドやチベットにおいて《俱舎論》は,仏教教理学の必修科目としてさかんに研究・講義され,中国においても真諦(しんだい)三蔵によって《摂大乗論(しようだいじようろん)》などとともに漢訳され(566‐567),さらに玄奘(げんじよう)三蔵によって多数の唯識学系統の経論とともに再訳されて(654)以後,それぞれ摂論学派と法相唯識学派の学統において研究・講義され,いくつかの重要な注疏がつくられた。日本においては遅くとも道昭(661年帰朝,元興寺禅院の開祖)によって《俱舎論》および注疏が伝来されたであろうが,〈俱舎宗〉という学団が公的に制定されるのは,天平勝宝年間(749‐757)の東大寺においてではないかと考えられる。そのころ,この学団が大仏開眼供養にちなんで南都六宗の一つとして自宗関係の多数の経論を転読講説していることが知られる。…

【船恵尺】より

…7世紀中ごろの人。僧道昭の父。少錦下,姓は史。…

【留学】より

…彼らは,二十数年から三十数年の長期間にわたって中国に滞在し,隋が滅び,唐が興ってくる中国の社会を実見して帰国し,大化改新に始まる律令国家の建設に大きな役割を果たした。唐の建国後間もなく帰国した留学生恵日(薬師恵日(くすしえにち))らの進言によって,遣唐使が派遣されることになると,道昭(どうしよう)など多くの学問生・学問僧が遣唐使に従って渡唐した。また7世紀には新羅に留学する僧も多く,行善(ぎようぜん)のように高句麗に留学する僧もあった。…

※「道昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道昭の関連キーワードコンピュータ・アートあぐりーむ昭和ラムサール条約倶舎宗・俱舎宗武宗[唐]二階堂是円吉士長丹翻訳文学建武式目南都六宗中原章賢鈍夫全快渡来人硼酸石蔵骨器梵珠山船恵尺大僧都富本銭火葬墓

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道昭の関連情報