火道具(読み)ヒドウグ

大辞林 第三版の解説

ひどうぐ【火道具】

鉄砲など火薬を用いて弾丸を発射する兵器。火器。
香道で用いる七つ道具。すなわち、火箸こじ・香匙こうすくい・銀葉挟ぎんようばさみ・鶯うぐいす・香箸きようじ・羽箒はぼうき・灰押はいおしの称。火味を加えることもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐どうぐ ‥ダウグ【火道具】

〘名〙
① 銃砲などの火を発する道具。火器
香道で用いる火箸(ひばし)・香箸(こうばし)・鋏(はさみ)・鶯(うぐいす)・香匙(こうさじ)・羽箒(はぼうき)・灰押(はいおし)などの総称。
※御家流改正香道秘集‐志野三道具之事「香道世に行るるより、火道具抔も事多なりて、七種の具となれり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の火道具の言及

【香道具】より

…蒔絵のものも多い。(6)火道具 炭団(たどん)や香木,葉を扱う9種の道具で,小道具包とよぶ畳紙に納めてある。(a)羽箒(はぼうき) 柄は唐木(からき)2寸8,9分,先端に鴇(とき)などの羽毛を差してある。…

※「火道具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火道具の関連情報