コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火道具 ヒドウグ

大辞林 第三版の解説

ひどうぐ【火道具】

鉄砲など火薬を用いて弾丸を発射する兵器。火器。
香道で用いる七つ道具。すなわち、火箸こじ・香匙こうすくい・銀葉挟ぎんようばさみ・鶯うぐいす・香箸きようじ・羽箒はぼうき・灰押はいおしの称。火味を加えることもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火道具の言及

【香道具】より

…蒔絵のものも多い。(6)火道具 炭団(たどん)や香木,葉を扱う9種の道具で,小道具包とよぶ畳紙に納めてある。(a)羽箒(はぼうき) 柄は唐木(からき)2寸8,9分,先端に鴇(とき)などの羽毛を差してある。…

※「火道具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火道具の関連キーワード火箸・火匙・火筯・火筋銀葉挟・銀葉鋏香匙火筯建うぐいす七つ道具鶯・鴬香道具火消香道香匙火器羽箒いお火箸火薬鉄砲

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火道具の関連情報