コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


きょう

」のページをご覧ください。


はさみ

2枚の刃を交差させて物を切る道具。西洋ではヘレニズム時代から存在し,中国では前漢代のものが古いとされている。いずれもばねのついた握り鋏で,一般に西洋鋏といわれる型式はローマ時代以後,中国では唐代以後とされる。日本も古墳時代末期に握り鋏があったことは確実で,正倉院のものは西洋鋏型式である。


はさみ
chela; pincer

おもに甲殻類のエビ,カニの第1胸脚が変形してできた鋏をさす。雌に比べてで特に大型化していることがあり,また左右で大きさの異なることがある(シオマネキなど)。また胸脚の第3対までが,小型の鋏となっているものもある(クルマエビなど)。サソリのいわゆる鋏は,頭部の第1付属肢の変形であり,カブトガニでは 6対の胸脚の先端がいずれも鋏状になり,雄ではそのうち第2対,第3対のものは把握器に変形するなど,鋏の語を広く解すれば,さまざまの場合がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はさみ【×鋏/剪刀】

《「挟み」と同語源》
物を2枚の刃で挟んで切る道具。「裁ち―」「花―」
(鋏)切符などに穴をあけたり切り込みを入れたりする道具。パンチ。
(「螯」 「鉗」とも書く)カニ・エビなどの節足動物の脚の、物をはさむような形に発達した部分。これをもつ脚を鉗脚(かんきゃく)という。
じゃんけんで、ちょき。
[下接語](ばさみ)金(かな)鋏紙鋏・空(から)鋏・刈り込み鋏木鋏裁ち鋏爪(つめ)切り鋏握り鋏花鋏

やっとこ【×鋏】

鉄製の工具の一。先の合わせが平たくなっていて、針金板金、また、熱した鉄などをはさんで持つようにしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鋏【はさみ】

裁断用具の一つ。てこの原理を応用。U字形の握り鋏の類(和鋏もこの一種)は紀元前すでに羊毛の刈込に用いられたといわれるが,現在では8字形の洋鋏の類が広く使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やっとこ【鋏】

手工具の一種。工作物をつまむのに用いるもの。やっとこばさみ。やとこ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


はさみ

相対する二枚の刃を摺(す)り合わせて、物を挟み切る道具。『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』(931~938ころ)の容飾具と鍛冶(かじ)具に(こうとう)(波左美)とあり、裁縫具としては剪刀(せんとう)(毛乃多知加太奈(ものたちかたな))があげられている。江戸前期の『和漢三才図会』(1712編纂)には、百工具として鋏(かなはし)(かなはさみ)、容飾具に剪刀(はさみ)、女工具に剪刀(ものたち)が出ているが、鋏(かなはし)と剪刀(ものたち)はいわゆる「はさみ」ではない。鋏は元来、鍛冶で焼鉄を挟んで持つ「かなはし」をさしており、今日のような鋏をさすようになったのは、明治末になってからである。剪刀(ものたち)は小刀のようなもので、直線裁ちの和服の裁断には、その材料からいっても、裁ち板の上に布を置いて、小刀で裁つほうが便利であった。したがって、この時代のはさみとしてあげられるのは、(かなはさみ)と剪刀(はさみ)の2種である。
 鋏は「てこ」の原理を応用したもので、支点の位置によって元支点型、中間支点型、先支点型の三つに分けられる。(1)元支点型は握り鋏とか、和鋏といわれる型のもので、U字型に曲げられた「ばね」のところが支点となっている。江戸時代までは、この型の鋏が主であった。(2)中間支点型は一般に裁ち鋏とか羅紗(らしゃ)切りといわれる型のもので、支点の位置を変えることによって、用途に対応したものができる。すなわち、刃を長くすれば1回に長く切れ、短くすれば1回に切る力が強くなる。(3)先支点型は葉巻用、採果鋏、押切り鋏など特殊なものである。[岡野和子]

歴史

鋏の最古の遺物としては、紀元前1000年ごろギリシアでつくられた鉄製のものがある。元支点型の握り鋏と同型のもので、主として羊毛刈り用であった。ローマ時代、前27年の遺物とされる鉄製の鋏は中間支点型で、洋鋏の形状のものである。日本最古の鋏は7世紀の古墳から発掘されている。奈良県の珠城山(たまきやま)古墳の出土品で、元支点型であるが、支点が8字形に交わっている。洋鋏と和鋏を折衷した握り鋏のようなものである。
 もともと鋏は中国渡来のものと推定されているが、これと同型のものが、中国洛陽(らくよう)付近の前漢時代の墓から出土している。ギリシアの鋏と同型のものは、四川(しせん)省の六朝(りくちょう)時代(3世紀初めから6世紀末)前半の墓からの出土品として一例みられるにすぎない。唐代(618~907)になると中間支点の洋鋏型のものが現れる。正倉院宝物にある金銅剪子はこの型のもので、長さ22センチメートル、儀礼的な、装飾性の強いもので、中国製と思われる。
 隋(ずい)・唐の衣服を移入した飛鳥(あすか)・奈良時代には、裁縫技術とともに、大陸から帰化した鍛冶工などによって鋏がもたらされたと推察される。当時の衣服は襟回りやわきの下などに湾曲線があり、正倉院の仏幡(ぶつばん)、褥(じょく)などには曲線の繊細な花形などの裁縫がみられるので、裁断に用いられた鋏または小刀が、優れた性能をもっていたと思われる。しかし、これらは朝廷や貴族を中心とする人たちのもので、庶民衣服のためには小刀が使われた。鎌倉鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)には北条政子(まさこ)所用の鋏がある。後白河(ごしらかわ)法皇から源頼朝(よりとも)に賜ったという菊の御紋入りのU字型の握り鋏で、この型としては最古のものである。化粧具の一つで、髪切りに用いたものと思われる。また室町時代のものとして、熊野速玉(くまのはやたま)大社(和歌山県)に、他の化粧具とともに手箱に収められた青銅作り、15センチメートルの長さの握り鋏がある。これは1390年(明徳1)に献進されたものである。この型の鋏は中国では宋(そう)時代に、ヨーロッパでは羊毛刈りを除いては18世紀を最後として姿を消すが、日本では現在もなお多く使われているので、和鋏という名称が定着した。
 江戸時代のものとしては、久能(くのう)山東照宮神宝に徳川家康遺品の鋏がある。藤原信吉作と銘打った握り鋏には、とくに日本鋏と記載されている。このほか、中国系高麗(こうらい)鋏の燭台芯(しょくだいしん)切り鋏、南蛮渡来とされるスペイン製の洋鋏がある。室町時代に発生した伝統的文化の一つ、いけ花は鋏とかかわりが深い。池坊(いけのぼう)では現在でも他の流派と異なる鋏を用いているが、これは正倉院の鋏に似た「かなはし」型のものである。握りから切刃までの距離が長く、てこの原理から切る力が非常に強い。江戸中期におこった古流は、中国系の種子島(たねがしま)鋏や高麗鋏の影響を受け、柄(え)にある二つの指輪を大きくしたものを用いた。江戸時代になると、いけ花用のほか、植木職、髪結い、呉服屋の需要にこたえて、いっそう鋏の生産が盛んとなった。1692年(元禄5)刊の『諸国買物調法記』には、京都の小刀鋏鍛冶が紹介され、江戸後期には播州(ばんしゅう)、越後(えちご)、美濃(みの)、越前(えちぜん)などで専業化された。その後、西洋医学の外科鋏が輸入され、明治維新後の断髪令により理髪鋏の製作に拍車がかかった。明治時代になると服装の洋風化に伴い、羅紗鋏が導入された。1877年(明治10)ごろにはメリケン鋏に倣って、日本でも製作されるに至った。明治初期には衣服の裁断用として、ものだち刃、裁ちもの包丁、裁ち鋏(握り鋏)、木綿鋏などが用途に応じて使い分けられたが、和服裁縫の裁断にもしだいに羅紗切り鋏が取り入れられたために、大正時代には裁ち板のかわりに紙のへら台が使われるようになった。[岡野和子]

種類

現在、家庭用の鋏として使われるものを用途別に分類すると、裁縫具として握り鋏、裁ち鋏、ピンキング鋏、ボタンホール鋏、刺しゅう鋏。化粧・理容具として梳(す)き鋏、甘皮鋏、眉毛(まゆげ)切り鋏、爪(つめ)切り鋏、理髪鋏。園芸用として花鋏、剪定(せんてい)鋏、植木鋏があり、そのほか、事務鋏、子供用工作鋏、調理用鋏などがある。握り鋏は裁ち物用として15~21センチメートルのものであったが、現在は糸切り用として9~12センチメートルのものが多い。刃が行き過ぎて手を痛めないための段は、明治時代になってくふうされたものである。裁ち鋏は厚地の毛織物の裁断に適している。サイズは21~32センチメートルまであり、家庭用は21~25センチメートル、職業用としては27~32センチメートルの長いものが用いられる。小型のものは洋鋏(指輪の大きさが左右同じ)といわれる。乙女鋏は事務用鋏と同じつくりであるが、一方の輪が大きく、一見裁ち鋏に似ている。型紙切りなどに使われる。なお左利き用として、専用の総左鋏や、柄のみ左手用のものもつくられている。[岡野和子]

製法


握り鋏
1本の軟鉄の丸棒の両端を加熱し、たたいて鋼(はがね)をつけ、刃の形にし、中央部はつぶす。焼入れ、磨きをして仕上げ、最終の刃付けまでをする。最後に中央部をぐっと曲げてU字の鋏が完成する。[岡野和子]
裁ち鋏
ヨーロッパの鋏は柄から刃先まですべて鋼でつくるが、日本の裁ち鋏は、鍛冶の伝統を生かして、鋼と軟鉄を複合してつくる。柄には鋳物を用い、これに複合鋼材を溶接し、型打ちして鋏の形をつくり、研磨焼入れして仕上げる。最近はオールステンレス、複合ステンレス、ステライト(コバルトを主成分にした合金)のものができている。
 鋏の産地としては、握り鋏は兵庫県小野市が大きなシェアを占めている。1806年(文化3)森町惣兵衛(そうべえ)がこの地でつくりだしたという。裁ち鋏は、廃刀令で暇になった東京の刀鍛冶がつくりだしたのが始まりで、今日も高級品は東京およびその周辺でつくられている。[岡野和子]

良否の見分け方


握り鋏
(1)先端がぴったりとあうこと。このためには裏すきと反りが必要とされる。(2)ストッパーとしての段がしっかりと鋼でできていること。(3)腰の幅が広く、厚さが薄いほどよい鋏で、軽く切れ、刃が食い違わない。そのほか、刃先角度が切るものに対して適切であり、刃先硬度が二枚ともほぼ同じで、切るものより硬いことが条件となる。[岡野和子]
裁ち鋏
(1)開閉の調子がよいもの。鋏を静かに開閉してみて、元から先まで同じような感覚で、軽すぎず、重すぎないもの。(2)かしめ(二枚の刃がねじでとまっているところ)のがたつかないもの。刃を開ききった状態にして、支点の部分を押さえたときに、がたつきがなく、閉じるときにすり合わせの滑らかなもの。(3)刃裏の仕上げのていねいなものがよい。[岡野和子]

扱い方・手入れ法

(1)小さな裁ち鋏で厚地やボール紙を切るなど、鋏の用途以外のものは切らないこと。(2)刃先の摩耗と錆(さび)を防ぐため、使用後はミシン油をしみ込ませた布でふき、ねじにはときどき油をさす。(3)水けは避けること。(4)テープ、糊(のり)など粘着物が刃裏についたら、ベンジンでふき取る。(5)研ぎは専門家に頼むこと。ねじも素人(しろうと)はいじらない。[岡野和子]
『岡本誠之著『ものと人間の文化史33 鋏(はさみ)』(1979・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鋏の関連キーワードscissors bag馬鹿と鋏は使いよう死花花・紙花花心切り・芯切りシザーカットピンキング鋏クリッパー成田打刃物種子はさみ房総打刃物ピンキング東京打刃物金鋏・金鉗鋏状価格差枝切り鋏シェーレ爪切り鋏糸切り鋏腿口類ペンチ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鋏の関連情報