灰汁抜(読み)あくぬけ

精選版 日本国語大辞典「灰汁抜」の解説

あく‐ぬけ【灰汁抜】

〘名〙
① 野菜などのあくがぬけること。
気性が、いやみがなく、さっぱりしていること。また、気性、容姿腕前、行動などが、都会化してやぼくさくなくなること。洗練されること。あかぬけていること。
安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「としごろ三十四五、あくぬけのした人物ながら」
遊女が梅毒にかかって、なおること。
④ 相場が下がる悪材料が出尽くして、だんだん上がる傾向を示すこと。〔取引所用語字彙(1917)〕

あく‐ぬ・ける【灰汁抜】

〘自カ下一〙 気性にいやみがなくなり、さっぱりする。また、田舎風が都会化して洗練される。気がきく。あかぬける。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「となり年間(としま)、ちょっとあくぬけた風俗(こしれへ)だが」

あく‐ぬき【灰汁抜】

〘名〙 野菜や果物などのしぶみ・えぐみなどを抜きとること。
※生(1908)〈田山花袋〉一二「清(すまし)の方がいだろうと思って、あくぬきをして拵(こしら)へたのさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android