コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰石 ハイイシ

岩石学辞典の解説

灰石

日本に産出するイグニンブライトの一種.阿蘇熔岩と呼ばれているものである[Matsumoto : 1937, Williams : 1941].火山灰が固化したものをいう[Shrock : 1948].九州の阿蘇,姶良,阿多などのカルデラに関係した大規模な火砕流堆積物に使用される[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はいいし【灰石】

火砕物が高温のうちに厚く堆積し、一部溶融して結合した暗灰色の岩体。九州の阿蘇・鹿児島湾付近などに分布。溶結火砕岩。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

灰石の関連キーワード珪灰石(データノート)苦灰石(データノート)リン(燐)酸カルシウムドロマイト(苦灰石)ケイ灰石(珪灰石)リン灰石(燐灰石)滋賀県大津市石山寺ウォラストナイトドロマイト化作用燐酸カルシウムアパチートゥイリン鉱(燐鉱)火山砕屑岩台地エヴァグリン岩マルモライトカラタウ山脈リン酸塩鉱物重過燐酸石灰正マグマ鉱床ハルツング岩

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灰石の関連情報