コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰石 ハイイシ

3件 の用語解説(灰石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はい‐いし〔はひ‐〕【灰石】

火砕流の堆積物に由来する、一部が再び溶けたような組織をもつ火山砕屑岩(さいせつがん)。暗灰色をし、阿蘇山鹿児島湾付近にみられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

灰石

日本に産出するイグニンブライトの一種.阿蘇熔岩と呼ばれているものである[Matsumoto : 1937, Williams : 1941].火山灰が固化したものをいう[Shrock : 1948].九州の阿蘇,姶良,阿多などのカルデラに関係した大規模な火砕流堆積物に使用される[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はいいし【灰石】

火砕物が高温のうちに厚く堆積し、一部溶融して結合した暗灰色の岩体。九州の阿蘇・鹿児島湾付近などに分布。溶結火砕岩。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灰石の関連情報