コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰石 ハイイシ

岩石学辞典の解説

灰石

日本に産出するイグニンブライトの一種.阿蘇熔岩と呼ばれているものである[Matsumoto : 1937, Williams : 1941].火山灰が固化したものをいう[Shrock : 1948].九州の阿蘇,姶良,阿多などのカルデラに関係した大規模な火砕流堆積物に使用される[地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

はいいし【灰石】

火砕物が高温のうちに厚く堆積し、一部溶融して結合した暗灰色の岩体。九州の阿蘇・鹿児島湾付近などに分布。溶結火砕岩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灰石の関連キーワード苦灰石(データノート)珪灰石(データノート)リン(燐)酸カルシウムドロマイト(苦灰石)滋賀県大津市石山寺リン灰石(燐灰石)ケイ灰石(珪灰石)ウォラストナイトドロマイト化作用リン鉱(燐鉱)火山砕屑岩台地アパチートゥイエヴァグリン岩燐酸カルシウム正マグマ鉱床重過燐酸石灰リン酸塩鉱物スカルン鉱物ハルツング岩ソーダ珪灰石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android