灰石(読み)ハイイシ

岩石学辞典の解説

灰石

日本に産出するイグニンブライトの一種.阿蘇熔岩と呼ばれているものである[Matsumoto : 1937, Williams : 1941].火山灰が固化したものをいう[Shrock : 1948].九州の阿蘇,姶良,阿多などのカルデラに関係した大規模な火砕流堆積物に使用される[地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

はいいし【灰石】

火砕物が高温のうちに厚く堆積し、一部溶融して結合した暗灰色の岩体。九州の阿蘇・鹿児島湾付近などに分布。溶結火砕岩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灰石の関連情報