コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炎光分光分析 えんこうぶんこうぶんせき flame (emission) spectrometry

2件 の用語解説(炎光分光分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炎光分光分析
えんこうぶんこうぶんせき
flame (emission) spectrometry

炎 (フレーム) の熱エネルギーにより試料を励起し,その際に生じる原子スペクトルあるいは帯スペクトルの測光によって元素の検出あるいは定量を行う分光分析法の1つ。通常試料は溶液とし,これを噴霧装置で細かい霧状にし,フレーム中に導入し発光させる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんこう‐ぶんこうぶんせき〔エンクワウブンクワウブンセキ〕【炎光分光分析】

分光分析の一。試料をバーナーの炎で熱し、試料中に含まれる原子、分子、イオンなどが高熱により励起されて発する炎光スペクトルを利用して化学分析を行う。アルカリ金属アルカリ土類金属の分析に適する。フレーム分光分析

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炎光分光分析の関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー原子エネルギー熱エネルギー省エネルギーセンター海洋エネルギー二次エネルギー省エネルギー月間エネルギー学吸収エネルギー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone