コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏丸資慶 からすまる すけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

烏丸資慶 からすまる-すけよし

1622-1670* 江戸時代前期の公卿(くぎょう),歌人。
元和(げんな)8年5月11日生まれ。参議をへて万治(まんじ)元年(1658)権(ごんの)大納言となり,寛文2年正二位にすすむ。祖父の光広に歌学をまなび,後水尾院(ごみずのおいん)の歌会に参加。4年後西院らとともに後水尾院から古今伝授をうけた。寛文9年11月28日死去。48歳。著作に「烏丸資慶詠草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

烏丸資慶 (からすまるすけよし)

生年月日:1622年5月11日
江戸時代前期の歌人;公家
1669年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

烏丸資慶の関連キーワード烏丸光雄生年月日則栄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android