コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無下 ムゲ

デジタル大辞泉の解説

む‐げ【無下】

[名・形動ナリ]
まちがいなくそれであること。また、そのさま。
「今は―の親ざまにもてなして扱ひ聞こえ給ふ」〈・薄雲〉
まったく問題にもならないこと。また、そのさま。論外。
「―の末に参り給へりし入道の宮に」〈・若菜上〉
まったく劣っていること。どうしようもないこと。また、そのさま。
「自害をもせで、尼公に属してかひなき命生きんと嘆くこそ―なれ」〈古活字本平治・下〉
はなはだしく身分の低いこと。
「―の者は手をすりて拝む」〈宇治拾遺・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むげ【無下】

( 名 ・形動ナリ )
〔それより下がない意。多く「むげの」の形で用いられる〕
まさにそれ以外の何物でもない・こと(さま)。まったく。 「今は、-の親ざまにもてなして/源氏 薄雲
程度がひどく劣っていること。ひどいこと。とんでもないこと。また、そのさま。 「 -の事をも仰せらるるものかな/徒然 188」 「故もなく過してんは-の事なるべし/今昔 27
身分のごく低いこと。 「 -の民と争ひて君のほろび給へるためし/増鏡 新島守
悲惨なさま。不運なさま。 「弓矢取る者の矢一つにて死するは-なる事ぞ/義経記 4」 「 -ニコロサレタ/日葡」 → 無下に

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無下の関連キーワード卑しい・賤しい・賎しい無沙汰・不沙汰うたてし申さんやものかな久隅守景念無し無下に御覧ず為る尼公緩ぶ変改凸起好士御見山賤早歌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android