コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無下に ムゲニ

デジタル大辞泉の解説

むげ‐に【無下に】

[副]
冷淡なさま。すげなく。そっけなく。「相手の懇願を無下に拒む」
度外れなさま。むやみに。やたらに。
「たれの子とも知れぬものを、―めでいつくしんで居ったげでござる」〈芥川・奉教人の死〉
まったく。すっかり。
「聞こえさせてもかひなき物ごりにこそ―くづほれにけれ」〈・賢木〉
(打消しの語を伴って)ちっとも。全然。
「顔―知るまじき童(わらは)ひとりばかりぞ、率(ゐ)ておはしける」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むげに【無下に】

( 副 )
〔形容動詞「無下なり」の連用形から〕
考慮すべき点がないように冷淡に扱うさま。すげなく。むやみに。 「 -断るわけにもいかない」 「三浦の此答を、-浅薄な意見として、斥けるのも気の毒だ/うづまき
ひどく。まったく。 「 -賤しき人品ひとがらなるに/蜃中楼 柳浪
(下に打ち消しの語を伴って)少しも。全然。 「法師の-能なきは、檀那すさまじく思ふべし/徒然 188
[句項目] 無下にする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無下にの関連キーワード卑しい・賤しい・賎しい無沙汰・不沙汰うたてし申さんや御覧ず念無し度外れ無下凸起緩ぶ山賤早歌檀那御見

無下にの関連情報