無垢材(読み)ムクザイ

リフォーム用語集「無垢材」の解説

無垢材

一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したものの事。木本来の質感風合いという面で魅力があり、化学物質を含まない自然素材としても注目されている。一番の特長として調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、『縮む』『膨らむ』という性質がある。また、コンクリートの約2倍とも言われる優れた断熱性があり、周囲温度に影響されにくいため夏は涼しく、冬は暖かい環境を生み出す。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

デジタル大辞泉「無垢材」の解説

むく‐ざい【無×垢材】

原木から切り出したそのままの木材。集成材などの加工したものに対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android