無極志玄(読み)むごく しげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無極志玄 むごく-しげん

1282-1359 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)5年生まれ。尊雅王の子。四辻善成の兄。臨済(りんざい)宗。南洲宏海のもとで出家し,京都東福寺の無為昭元にまなぶ。のち鎌倉円覚寺で夢窓疎石(むそう-そせき)に師事し,その法をついで京都天竜寺2世となった。延文4=正平(しょうへい)14年2月16日死去。78歳。京都出身。諡号(しごう)は仏慈禅師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android