無極志玄(読み)むごく しげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無極志玄 むごく-しげん

1282-1359 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)5年生まれ。尊雅王の子。四辻善成の兄。臨済(りんざい)宗。南洲宏海のもとで出家し,京都東福寺の無為昭元にまなぶ。のち鎌倉円覚寺で夢窓疎石(むそう-そせき)に師事し,その法をついで京都天竜寺2世となった。延文4=正平(しょうへい)14年2月16日死去。78歳。京都出身。諡号(しごう)は仏慈禅師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android