コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無産大衆党 むさんたいしゅうとう

3件 の用語解説(無産大衆党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無産大衆党
むさんたいしゅうとう

日本の政党。昭和初期の無産政党の1つ。 1928年4月結社禁止の弾圧を受けた労働農民党の反幹部派である山川均らによって,同年7月 22日東京本郷キリスト青年会館において結成された。中央執行委員長は欠員のまま,書記長に鈴木茂三郎が就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

無産大衆党【むさんたいしゅうとう】

左派無産政党。1928年労働農民党の結社禁止後,山川均ら反幹部派が同年7月に東京で結成。書記長鈴木茂三郎。単一無産政党実現をめざし,12月には日本労農党などと合流,日本大衆党を結成。
→関連項目堺利彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

むさんたいしゅうとう【無産大衆党】

1928年(昭和3)鈴木茂三郎を書記長として結成された労農派を中心とする無産政党。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone