コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無産大衆党 むさんたいしゅうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無産大衆党
むさんたいしゅうとう

日本の政党。昭和初期の無産政党の1つ。 1928年4月結社禁止の弾圧を受けた労働農民党の反幹部派である山川均らによって,同年7月 22日東京本郷キリスト青年会館において結成された。中央執行委員長は欠員のまま,書記長鈴木茂三郎が就任。この頃,各地方に兵庫県無産大衆党,関西大衆党,秋田労農党など無産大衆党と傾向を同じくする地方政党が相次いで結成され,同年9月8日協調会館で行われた地方政党合同大会においてこれらと合同。さらに同年 12月 20日に日本労農党日本農民党と合体して日本大衆党を結成,無産大衆党は解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

無産大衆党【むさんたいしゅうとう】

左派無産政党。1928年労働農民党の結社禁止後,山川均ら反幹部派が同年7月に東京で結成。書記長鈴木茂三郎。単一無産政党実現をめざし,12月には日本労農党などと合流,日本大衆党を結成。
→関連項目堺利彦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

むさんたいしゅうとう【無産大衆党】

1928年(昭和3)鈴木茂三郎を書記長として結成された労農派を中心とする無産政党。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無産大衆党の関連キーワード中西 伊之助猪俣 津南雄鈴木 茂三郎岡田 宗司伊藤 好道稲村 順三栗須 七郎中西伊之助全国大衆党大道 憲二青柿善一郎労農派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android