コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木茂三郎 すずきもさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木茂三郎
すずきもさぶろう

[生]1893.2.7. 愛知
[没]1970.5.7. 東京
政治家。 1915年に早稲田大学政治経済科を卒業。東洋通信,東京日日新聞社の記者生活を経て,46年に日本社会党から衆議院議員に初当選し,49~50年同党書記長。 51年委員長。党が左右に分裂した際は左派社会党の委員長をつとめ,55年に統一されると 60年まで委員長をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

鈴木茂三郎【すずきもさぶろう】

政治家,社会運動家。愛知県生れ。早大卒。報知新聞などの記者生活を経て社会主義運動に参加。1928年無産大衆党の書記長になり,1937年日本無産党の結成とともに書記長になったが人民戦線事件で逮捕。
→関連項目日本大衆党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木茂三郎 すずき-もさぶろう

1893-1970 大正-昭和時代の社会運動家,政治家。
明治26年2月7日生まれ。新聞記者をへて無産政党の結成にかかわる。戦後社会党の結成に参加し,昭和21年衆議院議員(当選9回)。26年委員長となり平和4原則をかかげる。同年の社会党分裂後,左派社会党委員長。30-35年統一社会党委員長。昭和45年5月7日死去。77歳。愛知県出身。早大卒。著作に「ある社会主義者の半生」など。
【格言など】青年よ,銃をとるな。婦人よ,夫や子どもを戦場に送るな(昭和26年委員長に就任して)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すずきもさぶろう【鈴木茂三郎】

1893‐1970(明治26‐昭和45)
日本社会党左派の指導者。愛知県に生まれる。代用教員,新聞配達,牛乳配達,書生などをしながら早稲田大学専門部政経科を卒業。《報知新聞》《大正日日新聞》の記者となるが,いずれもストライキの結果退職する。1920年渡米。22年極東民族大会に参加後帰国し,日本共産党に入党した。東京日日新聞社に勤めながら,社会主義運動の犠牲者を救う防援会,無産政党組織の準備団体である政治研究会,雑誌《大衆》などで活躍。27年堺利彦,山川均らと雑誌《労農》を創刊し,労農派の活動家として無産大衆党を結成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すずきもさぶろう【鈴木茂三郎】

1893~1970) 政治家。愛知県生まれ。早大卒。新聞記者から社会主義運動に身を投じ、労農派に属した。第二次大戦後、日本社会党結成に参加、衆議院議員当選後、同党委員長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木茂三郎
すずきもさぶろう
(1893―1970)

政治家。明治26年2月7日愛知県に生まれ、苦学して早稲田(わせだ)大学専門部を卒業。1928年(昭和3)まで新聞記者として活躍する一方で、1920年(大正9)渡米し在米日本人社会主義者グループと交わり、革命ロシアに入って1922年の極東民族大会に参加した。同年帰国後、日本共産党に入党、無産政党組織化を推進するが、福本イズムと対立して労農派を形成、共同戦線党結成を目ざした。満州事変から日中戦争勃発(ぼっぱつ)の時期まで反戦・反ファッショの立場から運動を続けるが、1937年(昭和12)人民戦線事件で検挙された。第二次世界大戦後、日本社会党結成に参加し、1949~1950年(昭和24~25)書記長、1951年委員長に就任し「青年よ銃をとるな」と呼びかけた。社会党分裂に伴い引き続き1955年まで左派社会党委員長、統一後1960年3月まで委員長を務める。その後、社会主義文献・資料の収集に尽力し「社会文庫」を設立、日本近代文学館に寄贈した。昭和45年5月7日没。通称「モサさん」、筆名は薄茂人、郷田要助、志村堅之、宇津木徹也、関新八、吉田繁二、安田求ほか。[荒川章二]
『『鈴木茂三郎選集』全4巻(1970~1971・労働大学) ▽鈴木徹三編『鈴木茂三郎〈戦前編〉』(1982・日本社会党中央本部機関紙局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鈴木茂三郎の言及

【日本社会党】より

…片山内閣は新憲法に基づく国家公務員法,新警察法の制定,民法改正などを実現したが,炭鉱国家管理法制定のほか社会主義政党らしき政策は実施しなかった。反対に経済再建のため労働賃金を抑制したため,同年12月には鈴木茂三郎らの左派五月会は党内野党宣言をした。鈴木を委員長とする衆議院予算委員会が,官公庁職員の賃上げ財源を鉄道運賃と郵便料金の値上げに求めた政府の補正予算案を否決したため,片山内閣は48年2月10日総辞職した。…

※「鈴木茂三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴木茂三郎の関連キーワード日本近代文学館話し合い解散大森 義太郎経済復興会議佐々木 更三浅沼 稲次郎鈴木 茂三郎全国大衆党平和四原則警察予備隊55年体制佐々木更三広沢 賢一伊藤 好道大森義太郎東洋通信山本政弘浦田武雄モサ鈴木

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木茂三郎の関連情報