コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無産政党 むさんせいとう

6件 の用語解説(無産政党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無産政党
むさんせいとう

日本近代史上,明治後期から第2次世界大戦前までの間集散を繰返した共産党を除く各労働者,農民政党の総称として用いられる。 1901年結成された社会民主党に始る。 10年の大逆事件により一時活動は沈滞したが,25年普通選挙法通過後,再び活発化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むさん‐せいとう〔‐セイタウ〕【無産政党】

労働者や貧農など無産階級の利益や意思を代表する政党。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無産政党【むさんせいとう】

労働者・農民など無産階級の利益を代表する政党。第2次大戦前の日本ではこのうち非合法日本共産党を除く諸党の総称として慣用的に使われた。1901年創立の社会民主党(即日禁止)に始まる。
→関連項目大山郁夫建設者同盟全国大衆党全国民衆党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むさんせいとう【無産政党】

戦前日本の合法的な社会主義政党および社会民主主義政党の総称で,日本共産党は含まない(図)。1918年の米騒動以後民衆諸階層の組織化が進んだが,20年ごろから労働者階級とその他被支配階級を全体として無産階級という言い方が一般化した。
[歴史]
 1922年に発表された共産党の指導者山川均の論文《無産階級運動の方向転換》は,日本の革命運動の大衆化とともに,民衆運動の政治闘争化をめざしたものである。23年山本権兵衛内閣の普選実施声明によって無産政党の組織化は現実の政治課題となり,日本労働総同盟(総同盟),日本農民組合(日農)はその具体的検討に着手,また24年嶋中雄三鈴木茂三郎大山郁夫高橋亀吉など知識層を主体に結成された政治研究会は政党の綱領・規約を研究,機関誌《政治研究》を発行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むさんせいとう【無産政党】

無産階級の利益を代表する合法的な政党。特に、普通選挙法が成立して以後の日本で、共産党を除く社会主義および社会民主主義政党を総称していう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無産政党
むさんせいとう

第二次世界大戦前の日本における社会民主主義諸政党の総称。非合法共産党は除く。1920年代に普及していた無産階級という語がこの名称の起源といわれる。1923年(大正12)ごろより、普通選挙の実現を目ざして日本労働総同盟、日本農民組合などを中心に無産政党結成の動きが始まった。しかし、労働運動内部の左右の対立、政党結成の主導権争いもあってなかなか進まず、25年1月にようやく農民労働党が誕生したが、即日結社禁止の処置を被る。ついで同党は26年3月に左派を排除した労働農民党(労農党)を再建したが、党内が左傾化したため10月には右派が脱党、以後同党は共産党系の合法政党として活動する。脱党派は同年12月に社会民衆党日本労農党を結成するが、この二つの無産政党はそれぞれ、前者は右派系、後者は左・右両派を排除する中間派系の社会民主主義政党の原型となった。以後、日本の無産政党運動は、29年(昭和4)11月に結成された左派系の労農党(新労農党)を加えて、左・右・中間の三派の対立、離合集散を繰り返しつつ困難な状況のなかで民主主義運動を闘う。普通選挙実施後最初の総選挙では無産政党は全体で49万票(得票率5%)、当選者8名を獲得したが、30年得票数52万票、当選者5名、32年26万票、5名と伸び悩んだ。36年の総選挙では、ファッショ化の危機感のなかで無産政党は22議席を獲得したが、日中戦争開始後は受難と変節の時代を迎える。すなわち、37年12月には左派系の日本無産党(3月結成)が解散を命じられ、また中間派と右派の合同した社会大衆党(1932年7月結成)は戦争協力の態度を表明し、40年7月には解党して大政翼賛会に合流、ここに約15年にわたる無産政党運動はその幕を閉じた。無産政党運動の弱さは政党それ自体の組織論や闘争方法にも問題があったが、基本的には日本の民主政治の未成熟によるものであった。[田中 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無産政党の関連キーワード科学的社会主義講壇社会主義社会主義神髄トーマ日本社会党社会主義革命労働党COMISCO《社会科学および社会政策的認識の客観性》《自由な社会主義》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無産政党の関連情報