コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本農民党 にほんのうみんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本農民党
にほんのうみんとう

日本の政党。 1926年 10月結成された農民政党。「農民は農民党へ」というモットーのもとに,日本農民組合 (日農) より分裂した平野力三らを中心に結成されたもの。社会主義の実現,日本国体の振起,議会政治の改革,産業国策の確立,農村文化の樹立を掲げ,改良主義的路線を強く打出した。一時は党員7万ともいわれたがその後はふるわなくなり,1928年 12月日本労農党無産大衆党九州民憲党などと合同。賃金労働者と農民との社会的関係の相違を主張し,そのうえにたった労農提携を強調した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本農民党【にほんのうみんとう】

1926年結成の右派無産政党日本農民組合を脱退した山梨県連合会を母体とする全日本農民組合を基礎に組織。幹事長は平野力三。〈農民は農民党へ〉の標語を掲げたが,1928年の総選挙では惨敗し,日本大衆党へ合同。
→関連項目日本労農党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本農民党
にほんのうみんとう

大正末・昭和初期の最右翼の無産政党。1926年(大正15)3月、日本農民組合第5回大会で脱退した山梨県連合会を中心に全日本農民組合同盟が結成されたが、これを支持基盤として同年10月創立された。幹事長平野力三(りきぞう)。中心スローガンは、労働者と農民の同盟に反対するための「農民は農民党へ!」である。28年(昭和3)の第1回普通選挙で高橋亀吉(かめきち)をたてたが惨敗し、同年末日本大衆党結成に合流した。[吉見義明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本農民党の関連キーワード中野四郎(2)加藤 吉太夫中沢 弁次郎日本協同党須貝 快天平野 力三北 勝太郎稲富 稜人高倉 定助伊藤 実雄高橋亀吉畑 桃作須貝快天寺崎 覚北 二郎片山哲全日農北二郎協同党

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android