コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本農民党 にほんのうみんとう

3件 の用語解説(日本農民党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本農民党
にほんのうみんとう

日本の政党。 1926年 10月結成された農民政党。「農民は農民党へ」というモットーのもとに,日本農民組合 (日農) より分裂した平野力三らを中心に結成されたもの。社会主義の実現,日本国体の振起,議会政治の改革,産業国策の確立,農村文化の樹立を掲げ,改良主義的路線を強く打出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本農民党【にほんのうみんとう】

1926年結成の右派無産政党日本農民組合を脱退した山梨県連合会を母体とする全日本農民組合を基礎に組織。幹事長は平野力三。〈農民は農民党へ〉の標語を掲げたが,1928年の総選挙では惨敗し,日本大衆党へ合同。
→関連項目日本労農党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本農民党
にほんのうみんとう

大正末・昭和初期の最右翼の無産政党。1926年(大正15)3月、日本農民組合第5回大会で脱退した山梨県連合会を中心に全日本農民組合同盟が結成されたが、これを支持基盤として同年10月創立された。幹事長平野力三(りきぞう)。中心スローガンは、労働者と農民の同盟に反対するための「農民は農民党へ!」である。28年(昭和3)の第1回普通選挙で高橋亀吉(かめきち)をたてたが惨敗し、同年末日本大衆党結成に合流した。[吉見義明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本農民党の関連キーワード日本労農党立憲政友会立憲民政党みどりの風日本大衆党マシュミ党升味準之輔川人貞史ムサーワート党立憲政党

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone