コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無量光 ムリョウコウ

デジタル大辞泉の解説

むりょう‐こう〔ムリヤウクワウ〕【無量光】

《〈梵〉amitābhaの訳》
阿弥陀仏の発する十二光の一。永久に無限の恵みをもたらす光明。無量無辺光。
無量光仏」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むりょうこう【無量光】

〘仏〙 十二光の一。阿弥陀仏が発する限りない智慧ちえの光明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無量光の言及

【阿弥陀】より

…四十八の誓願のうち第十八願は阿弥陀仏を念ずれば極楽往生できるというもので,後世の中国,日本では称名念仏の根拠とされた。この仏はサンスクリット文献ではAmitābha(無量光),Amitāyus(無量寿)として現れるが,阿弥陀はおそらくこの前半部amita(無限)の方言であろう(他にも説がある)。阿弥陀仏は大乗仏教の仏としてクシャーナ時代の初期(1~2世紀)に登場したらしいが,その起源に関してイラン思想の影響がいわれている。…

※「無量光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無量光の関連キーワード岩手県西磐井郡平泉町平泉毘盧遮那仏(毘盧舎那仏)神奈川県相模原市南区当麻愛知県稲沢市中之庄高畑町神奈川県相模原市南区山形県鶴岡市泉町平泉(町)柳之御所跡山崎 弁栄前田 荻邨平泉[町]阿弥陀如来阿弥陀仏託阿上人十二光仏平泉文化無量光寺清浄光寺藤原秀衡藤原泰衡

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android