コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無鉤条虫症 むこうじょうちゅうしょうTaeniasis Saginata, Taeniosis Saginata

家庭医学館の解説

むこうじょうちゅうしょう【無鉤条虫症 Taeniasis Saginata, Taeniosis Saginata】

[どんな病気か]
 4~10mの長さの無鉤条虫が小腸(しょうちょう)に寄生するものです。生(なま)の牛肉中にいる幼虫(嚢虫(のうちゅう))を摂取することで感染します。
 腹痛、下痢(げり)、体重減少などの消化器症状がおもな症状です。
[検査と診断]
 肛門(こうもん)から成虫の体節が排出され、その体節を調べて診断されることがほとんどです。
 無鉤条虫は体節に産卵のための産卵門がなく、ふつうは糞便(ふんべん)内に虫卵(ちゅうらん)が排出されません。そのため、体節が肛門でつぶされたときにその周囲に付着する虫卵を、蟯虫症(ぎょうちゅうしょう)(「蟯虫症」)のときに行なう検査法で調べて見つけて診断します。
[治療]
 プラジカンテルを1~2回内服すれば治ります。
 生やよく火のとおっていない牛肉を食べないことです。日本では食肉の検査が行き届いていますが、外国では、検査が不十分のところもありますので気をつけましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

無鉤条虫症の関連キーワード人獣共通感染症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android