コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦電効果 しょうでんこうかpyroelectric effect

4件 の用語解説(焦電効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焦電効果
しょうでんこうか
pyroelectric effect

電気石,酒石酸などの強誘電体の結晶体の一部を加熱した際に,表面に誘電分極により電荷が現れる現象。温度の上昇によって分極が減少し,それに見合う量の電荷が現れることによって生じる。この効果を利用した赤外線検出器が実用化されているが,材料には,硫酸グリシン (H2NH2COOH)3・H2SO4 (triglycine sulfate略して TGS) ,ニオブ酸ストロンチウム・バリウム (SrxBa1-x)NbO3 などが使用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうでん‐こうか〔セウデンカウクワ〕【焦電効果】

電気石酒石酸などの誘電体結晶に熱を加えたとき、その表面の両端に正負の電荷が分かれて発生する現象。このような現象を示す物質を焦電体という。パイロ効果ピロ効果

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

焦電効果【pyroelectric effect】

パイロ電気効果*ともいう.電気石(トルマリン)などの結晶を加熱すると,分極が生じる結果,結晶の両端に起電力が生じる現象をいう.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone