コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然れば サレバ

デジタル大辞泉の解説

され‐ば【然れば】

《動詞「さ(然)り」の已然形+接続助詞「ば」から》
[接]
前述の事柄の当然の結果として起こることを表す。そんなわけで。そうであるから。だから。
「―賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由て出来るものなり」〈福沢学問のすゝめ
話題を転じるときに用いる。それでは。さて。ところで。「然れば出かけるとしよう」
意外なことなどを感情をこめて述べるときに用いる。いったい。そもそも。
「―こは何事ぞ。日本国をしづむる事、義仲、義経がしわざにあらずや」〈平家・一一〉
[感]相手の言葉に答えて発する語。さよう。そう。いや。
「『権三殿は御存知ないか』『―、存じたとも申されず、存ぜぬとも申されぬ』」〈浄・鑓の権三

しかれ‐ば【然れば】

[接]
そうであるから。だから。
「賽銭(さいせん)は一厘銭のみ。それだに奉加(ほうが)するはいと稀なり…。―蟻(むれ)集る老若男女も、みな信心家にあらざるにや」〈逍遥当世書生気質
話の冒頭に用いる語。さて。ところで。
「―胡国の軍(いくさ)強(こお)うして」〈謡・昭君

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

されば【然れば】

〔動詞「然り」の已然形に「は」の付いたもの〕
( 接続 )
上に述べたことを受け、その帰結として下に述べる事柄が起こることを表す。そうであるから。だから。 「やがて極楽へ参りけり。-心にだにもふかく念じつれば、仏も見え給ふなりけり/宇治拾遺 1
話題を転ずる時に用いる。さて。 「才覚又ならぶ人なし。-、その里に戦ひおこつて/仮名草子・伊曽保物語」
意外であるという意をこめて用いる。いったい。そもそも。 「鎌倉へだにも入れられぬこそほいなけれ。-こは何事ぞ/平家 11
( 感 )
応答に用いる語。さよう。 「『権三殿は御存じないか』『-存じたとも申されず、存ぜぬとも申されぬ』/浄瑠璃・鑓の権三

しかれば【然れば】

( 接続 )
〔「しかり」の已然形「しかれ」に接続助詞「ば」の付いた語。漢文訓読に用いられた語で、古くは、和文系の「されば」と対応した〕
そうであるから。それだから。 「命を堕さん事を悔いず、-寂阿に於ては、英時が城を枕にして討死すべし/太平記 11
話題を変える時、話の冒頭に用いる。ところで。さて。 「 -、胡国の軍いくさ、強こおうして従ふこと期し難し/謡曲・昭君」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然ればの関連キーワード目の当たり・眼の当たり・目の当り・眼の当り有り付く・在り付く捨てる・棄てる然ればと言って然ればこそ御成敗式目任せる胡国下部やわ瓊筵汚む陳状

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android