コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉加 ホウガ

3件 の用語解説(奉加の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐が【奉加】

[名](スル)
神仏に金品を寄進すること。また、その金品。「本堂修復の瓦代を奉加する」
金品を与えること。また、その金品。寄付。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうが【奉加】

( 名 ) スル
神仏に参詣して金品を奉納すること。特に、寺社の建設などの際に金品を寄進すること。寄付。 「但見とみれば賽銭は一銭のみ。それだに-するはいと稀なり/当世書生気質 逍遥
祝い事や物入りの際に金品を与えること。また、その金品。寄付。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奉加
ほうが

神仏へ財物を寄進し、堂舎の造営、補修、仏像の造立などを助成すること。事業に自分の財物を加え奉る意で、知識ともいわれた。奉加の趣旨を記したものを奉加状、財物の目録や寄進者の氏名などを記した帳簿や目録を奉加帳、奉加簿という。転じて、一般に財物(金品)を与えたりもらったりすること、またはその金品、寄付をもいう。[佐々木章格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奉加の関連情報