コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煤病 ススビョウ

3件 の用語解説(煤病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すす‐びょう〔‐ビヤウ〕【×煤病】

植物の枝や葉、果実に銹病菌(さびびょうきん)などがついて、黒くすすけたようになる病害。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すすびょう【煤病 sooty mold】

植物の葉,枝,幹などが菌の寄生により黒いすすカビで覆われる病害。植物としては勢いのないときに多い。この菌の寄生は外表性のもので,組織の内側まで侵入することはない。手でこするとちょうど煤煙(ばいえん)のように指にとれてくる。すす病のために決定的な障害を受けることはまれであるが,ひどいときには葉の同化面積が著しく減少するので被害も大きくなる。すす病に関与する菌としては,Capnodium,Cladosporium,Meliola,Pullulariaほかが知られているが,単独で寄生する場合はむしろ少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すすびょう【煤病】

煤病菌の寄生による、柑橘かんきつ類・タケササ類・ツバキなどの病害。葉・果実などの面が煤を塗ったようにかびにおおわれ、樹勢が衰える。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone