コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煤病 ススビョウ

世界大百科事典 第2版の解説

すすびょう【煤病 sooty mold】

植物の葉,枝,幹などが寄生により黒いすすカビで覆われる病害。植物としては勢いのないときに多い。この菌の寄生は外表性のもので,組織の内側まで侵入することはない。手でこするとちょうど煤煙(ばいえん)のように指にとれてくる。すす病のために決定的な障害を受けることはまれであるが,ひどいときには葉の同化面積が著しく減少するので被害も大きくなる。すす病に関与する菌としては,Capnodium,Cladosporium,Meliola,Pullulariaほかが知られているが,単独で寄生する場合はむしろ少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すすびょう【煤病】

煤病菌の寄生による、柑橘かんきつ類・タケササ類・ツバキなどの病害。葉・果実などの面が煤を塗ったようにかびにおおわれ、樹勢が衰える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煤病の関連キーワードCladosporiumCapnodiumMeliolaツバキ銹病菌樹勢

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android