燎原の火(読み)りょうげんのひ

故事成語を知る辞典「燎原の火」の解説

燎原の火

次々と広がってゆき、止めることができないことのたとえ。

[使用例] 世間らしい話が好きであり、人間は神秘にあこがれる本性がある。〈燎原ごとく、千里眼が全国に拡がり、到る処に千里眼者が出現したのも無理のない話である[中谷宇吉郎*千里眼その他|1943]

[由来] 「書経ばんこう・上」の一節から。根拠のないうわさが広まっていくようすを、「火の原にえ、ちかづくべからざるがごとし(原野で火が燃え広がっていて、そばに寄ることすらできないようなものだ)」とたとえています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「燎原の火」の解説

りょうげん‐の‐ひ〔レウゲン‐〕【×燎原の火】

燃えひろがって野原を焼く火。勢いが盛んで防ぎ止められないもののたとえにいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「燎原の火」の解説

りょうげん【燎原】 の=火(ひ)[=炎(ほのお)

勢いが盛んで防ぎとめることのできないこと、また、はなはだしい勢いで広がってゆくさまのたとえ。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判「朝鮮党派の軋轢は一層激烈を極むるに至らんこと、燎原の火より甚しきものあらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android