コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爛脱・乱脱 らんだつ

大辞林 第三版の解説

らんだつ【爛脱・乱脱】

( 名 ・形動 )
書籍の一部が傷んだりして、文章に欠落や順序の混乱が生じ、文意が通じにくくなること。
古代の漢文読解の方法。文意の通じにくい箇所の文の順序を入れ替えて、理解しやすくすること。
生活が乱れているさま。 「 -ナヒト/日葡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

爛脱・乱脱の関連キーワード文意

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android