乃父(読み)だいふ

精選版 日本国語大辞典「乃父」の解説

だい‐ふ【乃父】

〘名〙 (「(なんじ)」の)
他人の父の
漢書列伝竺桃抄(1458‐60)陳勝項籍第八「高祖を乃父と云た唐人もかふわるく物を心得ぞ。王肥が事ぞ。そちか父は知かせうすらう」 〔書経‐君牙〕
② 父が子に対して自分をいう語。
※玄圃先生詩集(1769‐82)二・一四・漫成・時挙児、為第六子「縦令乃父如泥酔、須蓮花出水清」 〔漢書‐高五王伝〕
③ 自分の父の称。おやじ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android