コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片倉景綱 かたくらかげつな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片倉景綱
かたくらかげつな

[生]弘治3(1557).出羽,下長井
[没]元和1(1615).10.14. 陸奥,白石
安土桃山時代の武将。伊達政宗重臣。通称小十郎,備中守。天正 13 (1585) 年,二本松城の在番。本宮窪田,摺上原の諸戦に従軍して戦功があった。同 18年,政宗を説いて小田原攻め中の豊臣秀吉に謁見させ,大崎,葛西の乱にも活躍するなどその後の伊達氏発展の基礎を築いた。慶長7 (1602) 年,陸奥白石城主。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片倉景綱 かたくら-かげつな

1557-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
弘治(こうじ)3年生まれ。伊達政宗に重用され,二本松城在番,大森城主となる。豊臣秀吉の小田原攻めには政宗を説いて出陣させ,天正(てんしょう)19年(1591)亘理(わたり)城へうつる。慶長7年白石城主となった。元和(げんな)元年10月14日死去。59歳。出羽(でわ)置賜(おきたま)郡(山形県)出身。通称は小十郎,のち備中。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

片倉景綱

没年:元和1.10.14(1615.12.4)
生年:弘治2(1556)
戦国末・江戸前期の伊達家臣。八幡宮神主片倉景重の次男,母は本沢真直の娘。出羽国置賜郡下長井宮村(山形県長井市宮)生まれ。小十郎,備中と称す。米沢城主伊達輝宗の従小姓から天正3(1575)年嗣君梵天丸(政宗)の傅となって以降,常に政宗に近侍し,政宗の軍略にはいつも伊達城実とこの景綱が関与し,天下の名陪臣と称さる。摺上原などの諸合戦に功があり,18年には豊臣秀吉の小田原陣に政宗を説いて斬死覚悟で共に参陣。秀吉の朝鮮出兵にも政宗に従軍。初め大森城から亘理城へ,慶長7(1602)年に白石城1万3000石を拝領。墓は宮崎県白石市の片倉家廟所にある。<参考文献>小林清治『伊達政宗』

(伊藤清郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の片倉景綱の言及

【片倉小十郎】より

…仙台藩伊達氏の重臣。小十郎は世襲名だが景綱(1557‐1615)が著名で,豊臣秀吉の奥州仕置に際し伊達政宗の小田原参陣を推進,近世大名としての伊達氏再生を決定づけた。独立大名化の誘いを固辞,一国一城の例外的措置である白石(しろいし)城にあって1万3000石を領した。先祖は信濃国伊那郡片倉村に住し,大崎氏に従い奥州に下ったと伝える。伊達氏一家格で,以降しばしば奉行職などの重職に任じた。【難波 信雄】…

※「片倉景綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

片倉景綱の関連キーワード片倉小十郎浜田治部喜多子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android