コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡寛光 かたおか ひろみつ

美術人名辞典の解説

片岡寛光

江戸後期の国学者。通称権太郎・仁左衛門・周輔、字は桂満・号は郁子園・蔦垣内。江戸名主尊光の子。江戸生。本間游清と共に村田春海の双璧といわれ、長短一万首の詠歌がある。清原雄風村田春門にも師事。また屋代広賢・小山田与清等と『沙石集』の校訂も行った。著書に『古今集集成』『参考狭衣草子』がある。天保9年(1838)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡寛光 かたおか-ひろみつ

?-1838 江戸時代後期の国学者。
江戸神田の名主。村田春海に入門し,本間游清とともに門下の双璧とうたわれる。屋代弘賢,小山田与清(ともきよ)らと「沙石(しゃせき)集」を校訂。天保(てんぽう)9年1月15日死去。30歳余。本姓は所。別名は桂満(かつらまろ)。通称は周輔,権太郎。号は蔦垣内,郁子園(むべぞの)。著作に「古今集集成」「参考狭衣草子」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

片岡寛光

没年:天保9.1.15(1838.2.9)
生年:生年不詳
江戸後期の歌人。通称周輔,権太郎。号郁子園,桂満,蔦垣内など。医師所尊光の息。江戸神田佐久間町の里正片岡家の養子となる。清原雄風,村田春海,村田春門に和歌を学ぶ。江戸派歌壇で相応の地位を保ったらしいが断片的な資料しか残っていない。その著『いまはむかし』は寛光周辺の三島自寛や蒲生君平らの逸話を伝えて貴重。晩年は発狂同然となり和歌も詠まなくなったという。静嘉堂文庫に自筆詠草が伝存する。<参考文献>丸山季夫「江戸神田の歌人片岡寛光覚書」「三島自寛晩年の逸事」(『国学史上の人々』)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたおかひろみつ【片岡寛光】

?‐1838(天保9)
江戸末期の国学者。江戸の人。通称周輔,権太郎,号は郁子園(むべぞの),蔦垣内。医師所尊光の子として生まれたが,神田佐久間町の名主片岡家の養子となった。晩年の村田春海に入門し,その才を現す。本間游清,屋代弘賢,高田与清らと交友。また,《江戸名所図会》の著者斎藤幸孝・幸成(月岑(げつしん))父子とは住居が近く同職のためとくに親交し,その著にも序文を寄せた。門人も多かったが30歳余で没す。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

片岡寛光の関連キーワードイーストン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android