コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片貿易 かたぼうえき one way trade

4件 の用語解説(片貿易の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片貿易
かたぼうえき
one way trade

特定の貿易相手国に対して,輸出がその国からの輸入を恒常的に大幅に上回っている,あるいは輸入が輸出を大幅に上回っている場合をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かた‐ぼうえき【片貿易】

2国間の貿易が均衡を失い、一方が輸出超過または輸入超過にかたよる状態。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かたぼうえき【片貿易】

二国間の貿易が、輸出超過か輸入超過のどちらかに片寄った状態。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片貿易
かたぼうえき
one-side trade

ある2国間の貿易取引において、貿易の均衡が崩れ、一方的な輸出超過あるいは輸入超過の状態になることをいう。こうした状態はとりわけ先進国と発展途上国間の貿易で発生しやすい。つまり発展途上国が特別な輸出産品をほとんどもたない状態で急激な開発計画を進めようとする場合に、極端な輸入超過に陥りやすい。こうした状況が長く続くと外国為替(かわせ)の支払い関係が一方に偏り、資金の豊かでない輸入超過国では正常な貿易決済をすることができなくなる。そこで貿易制限や縮小をせざるをえなくなり、ひいては輸入超過国の開発計画を挫折(ざせつ)させ、輸出超過国の製品を排斥するようなナショナリズムが発生する可能性も出てくる。そこで、輸出超過国はできるだけ相手国からの輸入を拡大し、相手国の赤字幅を狭めるよう努める一方、開発計画に対する援助を進めたり、必要に応じて直接投資をするなど、貿易における摩擦要因を取り除く努力をする必要がある。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片貿易の関連キーワード報復関税三角貿易宣戦布告バーター貿易宣戦スーパー三〇一条通貨バスケットEPA(経済連携協定)/FTA(自由貿易協定)中国とアフリカの貿易インドと中国

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone