コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片貿易 かたぼうえきone way trade

4件 の用語解説(片貿易の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片貿易
かたぼうえき
one way trade

特定の貿易相手国に対して,輸出がその国からの輸入を恒常的に大幅に上回っている,あるいは輸入が輸出を大幅に上回っている場合をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かたぼうえき【片貿易】

二国間の貿易が、輸出超過か輸入超過のどちらかに片寄った状態。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片貿易
かたぼうえき
one-side trade

ある2国間の貿易取引において、貿易の均衡が崩れ、一方的な輸出超過あるいは輸入超過の状態になることをいう。こうした状態はとりわけ先進国と発展途上国間の貿易で発生しやすい。つまり発展途上国が特別な輸出産品をほとんどもたない状態で急激な開発計画を進めようとする場合に、極端な輸入超過に陥りやすい。こうした状況が長く続くと外国為替(かわせ)の支払い関係が一方に偏り、資金の豊かでない輸入超過国では正常な貿易決済をすることができなくなる。そこで貿易制限や縮小をせざるをえなくなり、ひいては輸入超過国の開発計画を挫折(ざせつ)させ、輸出超過国の製品を排斥するようなナショナリズムが発生する可能性も出てくる。そこで、輸出超過国はできるだけ相手国からの輸入を拡大し、相手国の赤字幅を狭めるよう努める一方、開発計画に対する援助を進めたり、必要に応じて直接投資をするなど、貿易における摩擦要因を取り除く努力をする必要がある。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone