コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野法 ぼくやほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野法
ぼくやほう

昭和 25年法律 194号。地方公共団体の行う牧野の管理を適正にし,そのほか牧野の荒廃を防止するために必要な措置を講じて,国土の保全と牧野利用の高度化をはかることを目的とする法律。牧野は原則として地方公共団体の定める牧野管理規程に従って利用され,その荒廃を防ぐために,知事が保護牧野を指定し,その改良または保全に指示を与える (9~17条) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

牧野法【ぼくやほう】

地方公共団体が行う牧野の管理につき国土保全と牧野の高度利用の立場から必要な措置を定めた法律(1950年)。これにより都道府県は牧野の改良・保全の指示をし,国はそれに対し資金融通を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

牧野法の関連キーワード633美の里ニゲルいの(町)吾北自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)モナクカバキチ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android