コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野法 ぼくやほう

2件 の用語解説(牧野法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野法
ぼくやほう

昭和 25年法律 194号。地方公共団体の行う牧野の管理を適正にし,そのほか牧野の荒廃を防止するために必要な措置を講じて,国土の保全と牧野利用の高度化をはかることを目的とする法律。牧野は原則として地方公共団体の定める牧野管理規程に従って利用され,その荒廃を防ぐために,知事が保護牧野を指定し,その改良または保全に指示を与える (9~17条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

牧野法【ぼくやほう】

地方公共団体が行う牧野の管理につき国土保全と牧野の高度利用の立場から必要な措置を定めた法律(1950年)。これにより都道府県は牧野の改良・保全の指示をし,国はそれに対し資金融通を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

牧野法の関連キーワード行政事務団体委任事務特別地方公共団体普通地方公共団体境界変更税金地方公営企業法地方税法地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン地方公共団体あっせん融資

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone