コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野貞通 まきの さだみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野貞通 まきの-さだみち

1707-1749 江戸時代中期の大名。
宝永4年生まれ。牧野成貞(なりさだ)の3男。牧野成央(なりなか)の養子となり,享保(きょうほう)4年10歳で日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩主。奏者番,寺社奉行をへて,寛保(かんぽう)2年京都所司代となる。延享4年常陸(ひたち)(茨城県)に転封(てんぽう)となり,笠間(かさま)藩主牧野家初代。寛延2年9月13日死去。43歳。初名は貞倶(さだとも)。通称は幸之助。備後守(びんごのかみ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

牧野貞通 (まきのさだみち)

生年月日:1710年8月24日
江戸時代中期の大名
1749年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

牧野貞通の関連キーワード公事方御定書牧野忠寛土屋藍洲牧野忠利牧野貞長生年月日牧野忠敬水野忠伸奥平昌鹿笠間藩