コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野成貞 まきのなりさだ

4件 の用語解説(牧野成貞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野成貞
まきのなりさだ

[生]寛永11(1634).江戸
[没]正徳2(1712).6.5. 江戸
江戸時代初期の下総関宿藩主。上野大胡 (おおご) 藩主牧野儀成 (または成儀〈なりのり〉) の次子。徳川綱吉が館林藩主のとき寛文 10 (1670) 年その家老となり,綱吉が将軍となると天和1 (81) 年 12月最初の側用人となり1万 3000石で大名に列した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野成貞 まきの-なりさだ

1634-1712 江戸時代前期の大名。
寛永11年生まれ。旗本牧野儀成(のりなり)の次男。寛文10年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩家老となり,延宝8年藩主徳川綱吉(つなよし)の将軍就任で,1万石を加増されて諸侯に列した。天和(てんな)元年側用人(そばようにん),3年下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主となる。のち加増され7万3000石。綱吉の死後,剃髪(ていはつ)して大夢と号した。正徳(しょうとく)2年6月5日死去。79歳。初名は成恒(なりつね)。通称は兵部,蔵人。備後守(びんごのかみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

牧野成貞

没年:正徳2.6.5(1712.7.8)
生年:寛永11(1634)
江戸中期の幕臣,大名。通称は蔵人,兵部。諱は初め成恒という。幕臣で,のち徳川綱吉の神田館の家老となった越中守儀成の次男。万治3(1660)年父の遺跡の内2000石を与えられて,父同様徳川綱吉に仕え,寛文10(1670)年神田館家老に昇進して3000石を領し,同年従五位下備後守に叙任。延宝8(1680)年主君綱吉の将軍家相続に伴って幕府側衆となり,同年1万石を加増されて大名に取り立てられた。翌天和1(1681)年には新設の側用人に昇って従四位下に叙され,2年2万石,3年に再び2万石を加増されて下総国関宿城主となった。さらに貞享2(1685)年侍従に進み,元禄1(1688)年に綱吉が成貞の屋敷を訪れた際にも2万石を加増されて7万3000石を領することになったが,8年に隠居し,宝永6(1709)年綱吉死去後は大夢と号した。性格が篤実であったため,綱吉から重用されたという。

(深井雅海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まきのなりさだ【牧野成貞】

1634‐1712(寛永11‐正徳2)
江戸幕府5代将軍徳川綱吉の寵臣。父儀成(のりなり)は綱吉付となり館林藩家老。成貞も1670年(寛文10)家老となり,従五位下備後守に叙任。80年(延宝8)綱吉の将軍就任に従って幕臣となり,以後側近として栄進。81年(天和1)側用人,従四位下に昇る。83年5万3000石の下総関宿城主となる。85年(貞享2)侍従に進み,88年(元禄1)2万石加増。綱吉やその生母桂昌院を私邸に迎えることがしばしばであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の牧野成貞の言及

【側用人】より

…このときまで近侍の最高の職は側衆で,大名が就任することもまれではなかったが,旗本役で,その地位は若年寄の下であった。5代将軍徳川綱吉は就任の翌年この職を設け,館林藩主時代の家老牧野成貞をこれに登用し,政務に関し上意,下問あるいは上申など表方との取次ぎに当たらせ,また側近として意見の具申を行わせた。成貞は官位は従四位下侍従に昇り,石高も逐次加増されて7万3000石,下総関宿城主となり,行列に持槍2本を許されるなど老中同格の待遇を受けたので,近侍の地位はいちじるしく高まった。…

※「牧野成貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牧野成貞の関連キーワード堀利堅多賀谷向陵徳力善水名倉安興萩谷遷喬藤山惟熊狩野種信狩野柳伯飯田義山春日信映

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone