物の具(読み)モノノグ

デジタル大辞泉の解説

もの‐の‐ぐ【物の具】

道具。調度品。
「―をだにとらず、深くかくれにけり」〈宇治拾遺・九〉
武具。兵具。特に鎧(よろい)をいう。また、武者がそれを身につけること。
「我とおもはん者共は皆―して馳せ参れ」〈平家・二〉
公家の朝服。男子は束帯一式。女子は唐衣裳(も)表着(うわぎ)打衣(うちぎぬ)五衣(いつつぎぬ)張袴(はりばかま)などからなる一式をいう。
「宮の御―めしたりし御さまなどの」〈右京大夫集詞書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もののぐ【物の具】

調度品。道具。 家も焼けほろび、-も皆取られはてて/大和 126
束帯など、公家の朝服一式。特に婦人の唐衣・裳の一式。唐衣・表着うわぎ・五衣をつける礼装。いわゆる、十二単。 宮の御-召したりし御さまなどの/右京大夫集
武具。具足。弓・矢・刀・槍などもいうが、特に鎧よろいをさす。 その後-脱ぎすて/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android