物の心(読み)モノノココロ

デジタル大辞泉の解説

もの‐の‐こころ【物の心】

物事の道理。
「予―を知れりしより、四十(よそぢ)あまりの春秋をおくれるあひだに」〈方丈記
物事の情趣。
「少し―しるは涙落としけり」〈紅葉賀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もの【物】 の 心(こころ)

① 物事の中にある道理。世間の事柄や人情などの奥にある条理。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「ものの心もしらぬむすめ一人残りて」
② 物事の情趣。自然や音楽・芸術などの持つ美的情緒。また、人間的真情。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「少しものの心しるは涙落しけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android