物入・物要(読み)ものいり

精選版 日本国語大辞典「物入・物要」の解説

もの‐いり【物入・物要】

〘名〙
① 費用のかかること。金銭を費やすこと。出費。散財。
※史記抄(1477)一九「太史公曰が、どれも物いりで解するが、大事なぞ」
※浮世草子・好色五人女(1686)二「是がおさめなれば、すこし物入もいとはず」
② 金銭や物品などを収め入れること。収入。
※本福寺跡書(1560頃)大宮参詣に道幸〉夢相之事「その間の物入を御門徒から更になし」
③ 能楽で、演者が舞台上で作り物(一)⑧の中へ入ること。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉詩劇の世界「再登場までの中休みが、〈略〉本質的には『道成寺』などの物入りと同じ意味のものであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android