コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物性化学 ぶっせいかがく

1件 の用語解説(物性化学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっせいかがく【物性化学】

化学は物質の構造,物性,反応を探究する学問分野である。このうち,とくに物性研究に焦点を合わせて研究する化学の一分野をいう。物性とは,気体,液体,固体を問わず,物質の物理的性質を意味するが,とくに固体,液体の凝縮系についての物理的性質を取り扱う場合に,物性化学と呼ぶ場合が多い。これら物理的性質としては,電気伝導度,電荷の移動,電子の実効質量などの電気的性質,物質による光の吸収,発光,反射などの光学的性質,強磁性,反磁性などの磁気的性質(磁性),機械的強度や粘弾性などの力学的性質,比熱,熱伝導などの熱的性質,さらに誘電率,誘電損失などの誘電的性質などが,その代表的なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物性化学の関連キーワード化学化学物理学触媒物性論物理化学分光化学化学方程式熱化学方程式物性用量-反応関係

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物性化学の関連情報