コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物性化学 ぶっせいかがく

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっせいかがく【物性化学】

化学は物質の構造,物性,反応を探究する学問分野である。このうち,とくに物性研究に焦点を合わせて研究する化学の一分野をいう。物性とは,気体,液体,固体を問わず,物質の物理的性質を意味するが,とくに固体,液体の凝縮系についての物理的性質を取り扱う場合に,物性化学と呼ぶ場合が多い。これら物理的性質としては,電気伝導度,電荷の移動,電子の実効質量などの電気的性質,物質による光の吸収,発光,反射などの光学的性質,強磁性,反磁性などの磁気的性質(磁性),機械的強度や粘弾性などの力学的性質,比熱,熱伝導などの熱的性質,さらに誘電率誘電損失などの誘電的性質などが,その代表的なものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

物性化学の関連キーワード高分子化学結晶化学川本幸民物理化学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物性化学の関連情報