コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別児童扶養手当 とくべつじどうふようてあて

百科事典マイペディアの解説

特別児童扶養手当【とくべつじどうふようてあて】

障害児童への扶養手当。この制度は1964年に20歳未満の〈重度精神薄弱(精神遅滞)児扶養手当〉として発足したが,1966年に法律改正し,精神または身体に著しい障害のある児童を扶養する者に対象が拡大され,名称も〈特別児童扶養手当〉に改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特別児童扶養手当

精神や身体に1級か2級の障害のある20歳未満の子どもを家庭で監督、保護している父母ら養育者に支給される。子どもが施設に入所している場合や、障害を理由に年金を受給している場合、子どもや養育者の住所が国内にない場合は対象外。養育者や配偶者が一定の所得以上の場合は、その年度の支給が停止される。支給月額は今年4月から1級が5万400円、2級が3万3570円。

(2012-08-19 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の特別児童扶養手当の言及

【児童手当】より

…児童手当制度は児童を養育している者に現金給付をすることにより,家庭における生活の安定に寄与するとともに,次代の社会を担う児童の健全な育成と資質の向上に資することを目的とする制度である。児童手当は社会保障制度の重要な一部門を占めるものであり,企業福祉の一環として現在多くの民間企業で支給されている家族(扶養)手当とはその性格を異にする。児童手当は,一方では両親が児童養育の責任を果たすための補助として,他方では児童の育成に社会が積極的に参加し,新しい責任を引き受けたものとしてみられるべきである。…

【児童扶養手当】より

…手当の支給認定は都道府県知事が行う。 児童扶養手当制度に類似のものに特別児童扶養手当がある。これは児童本人が1級および2級の重度の障害をもつ場合,在宅扶養施策の一環として給付される手当である。…

※「特別児童扶養手当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

特別児童扶養手当の関連キーワード特別障害者手当制度肢体不自由児児童福祉社会保障療育手帳児童手当

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別児童扶養手当の関連情報