犬田卯(読み)いぬた しげる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬田卯 いぬた-しげる

1891-1957 大正-昭和時代の小説家,農民運動家。
明治24年8月23日生まれ。妻は住井すゑ大正6年東京の博文館につとめる。13年中村星湖らと日本初の農民文学運動の組織「農民文芸研究会」をつくり,農民自治を主張。「農民」誌に小説,評論を発表した。昭和32年7月21日死去。65歳。茨城県出身。著作に「農民文学運動史」,小説に「土に生れて」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬田卯の関連情報