コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住井すゑ すみいすえ

6件 の用語解説(住井すゑの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住井すゑ
すみいすえ

[生]1902.1.7. 奈良,田原
[没]1997.6.16. 牛久
小説家。本名は犬田すゑ。 1919年,17歳で上京し,講談社に入社。 21年小説『相剋』を発表。同年農民作家犬田卯 (しげる) と結婚し,夫とともに農民文学運動に活躍。また,30年には無産婦人芸術連盟に参加し,女性解放の視点からも創作活動を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみい‐すえ〔すみゐすゑ〕【住井すゑ】

[1902~1997]小説家・児童文学者。奈良の生まれ。農民作家犬田卯(しげる)と結婚し、女性解放・農民文学運動を展開。部落差別と闘う少年を描いた大河小説橋のない川」(全七部)は代表作。児童文学作品「夜あけ朝あけ」で毎日出版文化賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

住井すゑ【すみいすえ】

小説家。奈良県生れ。1919年上京,講談社の記者となる。同年,農民作家犬田卯と結婚,以後農民文学運動に参加する。《相剋》を発表,作家活動を開始した。戦後は,児童文学で活動を始め,《みかん》で小学館文学賞受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住井すゑ すみい-すえ

1902-1997 昭和-平成時代の小説家。
明治35年1月7日生まれ。大正8年犬田卯(しげる)と結婚。昭和5年無産婦人芸術連盟にくわわり,女性解放・農民文学運動にうちこむ。29年児童文学作品「夜あけ朝あけ」で毎日出版文化賞。36年部落差別とたたかう人間像をえがく大河小説「橋のない川」第1部を刊行,平成4年第7部を完成させた。昭和57年自宅に学習舎「抱樸舎」をひらく。平成9年6月16日死去。95歳。奈良県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

すみいすえ【住井すゑ】

1902~1997) 小説家。奈良県生まれ。農民作家犬田卯しげると結婚、搾取される農民の生活を書く。夫の死後、被差別部落の少年が人間解放を求めて水平社運動に加わるまでを描く「橋のない川」全七部までを完成させる。他に児童文学作品「夜あけ朝あけ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住井すゑ
すみいすえ
(1902―1997)

小説家。奈良県生まれ。1919年(大正8)農民作家犬田卯(しげる)と結婚。夫婦で「土の芸術」を目ざして24年農民文芸研究会(27年、農民文芸会に改組)をつくる。以後、アナキズムや重農主義の立場から「農民自治」と「女性解放」運動の旗手となるが、戦争下の圧迫に抗しきれず35年(昭和10)茨城県牛久(うしく)沼のほとりに退く。第二次世界大戦後、『夜あけ朝あけ』(1954。毎日出版文化賞受賞)や『向い風』(1958)で再登場し、新しい農民作家として高い世評を受けるようになった。57年(昭和32)夫が病没しているが、その直後にまとめた夫婦共同の回想記『愛といのちと』も深い感動をよんだ。大作の『橋のない川』は、61年に第1部を出し、73年の第6部でいったん完結した。被差別者の人間的解放を願った大河小説であり、執筆には16年間を要した5000枚の大作であるが、20年後に第7部を刊行。ほかに『野づらは星あかり』(1978)、児童文学の作品に『みかん』(1952。小学館文学賞受賞)その他がある。[古林 尚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住井すゑの関連キーワード重兼芳子杉森久英三田誠広石和鷹稲見一良竹内泰宏野口赫宙広瀬仁紀横関大今村夏子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住井すゑの関連情報