コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂乱のオルランド きょうらんのオルランドOrlando Furioso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂乱のオルランド
きょうらんのオルランド
Orlando Furioso

イタリアの詩人ルドビコ・アリオストの長編叙事詩。 1516年刊。カルル大帝の率いるキリスト教徒十字軍とアグラマンテの従えるサラセン軍との戦いを背景に,英雄オルランド (フランス名ローラン) と美女アンジェリカの悲恋と,勇将リナルドの妹ブラダマンテと王子ルッジェーロの恋を中心にして,戦乱に次ぐ戦乱のはてにキリスト教徒側が勝利を収める経緯を描く。初版のときは 40歌から成っていたが,著者の没後,32年に最後の6歌が発見され,定本となった。厳格な八行韻詩で,ルネサンス期イタリアの代表作とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂乱のオルランド
きょうらんのおるらんど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

狂乱のオルランドの関連キーワードデベネデッティ騎士オルランドシュピッテラーイタリア文学ドルチェ歴史文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android