狩野利房(読み)かのう としふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野利房 かのう-としふさ

1838*-1907 幕末-明治時代の神職,歌人。
天保(てんぽう)8年12月26日生まれ。小野里健斎,石関黒山に漢学を,木暮足翁(そくおう)に国学をまなび,塾をひらく。明治6年郷里群馬県渋川の甲波宿禰(かわすくね)神社の神職となった。明治40年3月17日死去。71歳。通称は嘉三郎。号は桃渓,草迺屋。歌集に「草迺屋集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android