コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野吉信 かのうよしのぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野吉信
かのうよしのぶ

[生]天文21(1552)
[没]寛永17(1640)
桃山時代末期~江戸時代初期の狩野派の画家。昌菴ともいう。狩野元信の弟あるいは兄,雅楽助 (うたのすけ) の孫で,長信とともに安信を後見して京都に住した。作画活動には不明な点が多い。狩野昌安とは別人と考えられている。代表作『職人尽図』押絵貼屏風 (川越喜多院) は風俗画として著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野吉信 かのう-よしのぶ

1552-1640 織豊-江戸時代前期の画家。
天文(てんぶん)21年生まれ。狩野之信の孫。狩野長信とともに狩野派内の長老格として,幼少の狩野宗家の安信を後見した。寛永17年死去。89歳。通称は久左衛門。号は昌庵。作品に川越喜多院蔵の「職人尽図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野吉信

没年:寛永17(1640)
生年:天文21(1552)
安土桃山・江戸初期の画家。狩野之信の孫。通称久左衛門,吉信はその名。剃髪して昌庵と号した。幼くして狩野本家を継いだ狩野安信を後見,派内で重要な地位をしめた。代表作は「職人尽図屏風」(川越・喜多院蔵)。<参考文献>大村西崖編『東洋美術大観』5巻

(榊原悟)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の狩野吉信の言及

【職人尽絵】より

…《色紙形職人尽絵》(49枚,天理図書館)はもと屛風に貼り込まれていたと思われるが,高い視点から俯瞰(ふかん)的に店頭を克明にとらえ,人物への視点も接近するが,構図や人物描写は中世的な絵巻を踏襲している。これに対して《職人尽図屛風》(川越市喜多院)は各扇2図ずつ計24図の六曲一双の貼込屛風で,狩野吉信(1552‐1640)の筆になる。これらは職人生活の実態を,店頭のみならず町屋を背景に描いており,《洛中洛外図屛風》の一こまを切り取った観がある。…

※「狩野吉信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

狩野吉信の関連キーワード川越(市)そろばん職人尽絵狩野昌庵