(読み)りょうする

精選版 日本国語大辞典「猟」の解説

りょう‐・する レフ‥【猟】

〘他サ変〙 れふ・す 〘他サ変〙
① 狩りをする。鳥獣を追いかけて捕える。
※史記抄(1477)一三「猟する時野の獣が尽つれば鷹犬が烹らるるものぞ」
② あさる。追い求めて手に入れる。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「亦奴隷を猟し、之を販売貿易して物産となすこと」

りょう レフ【猟】

〘名〙 野山で、鳥や獣を捕えること。また、その獲物。かり。狩猟。また、海や川などで魚介類をとることにもいう。→りょう(漁)。《季・冬》
※古事談(1212‐15頃)一「猟の道は獲日も候、不獲日も候」 〔戦国策‐魏策・文侯〕

りょう‐・す レフ‥【猟】

〘他サ変〙 ⇒りょうする(猟)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「猟」の解説

りょう【猟〔獵〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]リョウ(レフ)(呉)(漢) [訓]かる かり
狩りをする。狩り。「猟犬猟師猟銃漁猟禁猟狩猟不猟密猟
さがし求める。あさる。「猟官猟奇渉猟
[難読]猟人(かりゅうど)猟男(さつお)猟矢(さつや)猟虎(らっこ)

りょう〔レフ〕【猟】

山野で鳥獣を捕らえること。狩猟。かり。また、その獲物。「に行く」「が少ない」 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android