コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪口万右衛門 いのくち まんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪口万右衛門 いのくち-まんえもん

1743-1811 江戸時代中期の発明家。
寛保(かんぽう)3年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)三瀦(みずま)郡の庄屋の次男で,大工の養子となる。水利のよくない同地方の灌漑(かんがい)をはかるため,安永6年従来の8倍の揚水能力の足踏み水車を発明したとされる。この水車は「万右衛門車」とよばれて普及し,大正12年ごろまでもちいられた。文化8年死去。69歳。姓は「いぐち」ともよむ。

猪口万右衛門 いぐち-まんえもん

いのくち-まんえもん

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

猪口万右衛門

没年:文化8(1811)
生年:寛保3(1743)
江戸後期,久留米藩領筑後国三瀦郡中村(福岡県三瀦郡大木町)の農民。灌漑用具「万右衛門車」の発明者といわれる。庄屋猪口又兵衛の次男に生まれ,19歳のとき,同村の大工猪口勘助の養子となり家業を継ぐ。農民であった経験から,大工の技術を農具作りに生かし,商人から聞いた淀川の踏み車の話にヒントを得て安永6(1777)年,高能率の足踏み水車「万右衛門車」を発明したという。これは従来の「打桶」による水汲みよりも効率を数倍高めたので,またたく間に普及した。なお足踏み水車の発明については,宝暦3(1753)年,柳川藩中老四ケ所通久によるという説もある。<参考文献>『久留米市史』2巻,『江戸時代人づくり風土記・福岡』

(井奥成彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

猪口万右衛門の関連キーワードクライストツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)猪口万右衛門烏亭焉馬烏亭焉馬烏亭焉馬(1世)デーナスティーブンズ(John Stevens)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android